「あんたの息子はここだよ」弟を殺害した15歳少女、母親宛に血のメッセージ残す(独)

「あんたの息子はここだよ」弟を殺害した15歳少女、母親宛に血のメッセージ残す(独)
15歳の姉に殺害された3歳男児(画像は『The Sun 2020年4月20日付「BLOOD LINE Schoolgirl, 15, butchered brother, 3, then wrote ‘here is your son’ on wall in his blood in chilling message to mum」(Credit: Newsflash)』のスクリーンショット)
親の愛情が偏ることできょうだいに対して嫉妬を覚えてしまうのはよくあることだろうが、ドイツで昨年、15歳の少女が3歳の弟を刃物で殺害した事件が発生した。その裁判がこのほど行われたが、この少女は殺害した弟の血で壁に母親宛てにメッセージを残していたという。『The Sun』『RTL.de』などが伝えている。

ドイツのデトモルト地方裁判所で今月20日、15歳のオリビア(Oliwia)が昨年11月に3歳の弟ニコ君(Niko)を殺害した事件についての裁判が行われた。オリビアは当時、祖母と母親アグニェシュカさん(Agnieszka、46)、そして異父弟であるニコ君と暮らしていた。

オリビアは祖母とアグニェシュカさんが仕事で留守にしている間、よくニコ君の面倒をみていたようだ。しかし事件のあった日、オリビアは祖母と母親が家にいない隙に寝ているニコ君にナイフを何度も突き刺して殺害してしまったのだ。ニコ君の遺体には28か所も刺された痕があったという。

さらにオリビアは殺害直後にニコ君の血液で「あんたの息子はここだよ」とアグニェシュカさんに宛てたメッセージを壁に残し、その場から逃走した。その後、仕事から戻って来たアグニェシュカさんは、息絶えたニコ君を発見し、警察に通報したようだ。

警察はオリビアの行方をヘリコプターで追跡したところ、自宅から6マイル(約9.7キロ)離れた場所で発見し身柄を拘束した。

その後の調べにより、オリビアは犯行当日にインターネットで「効果的な殺人の方法」について調べていたことが判明した。またオリビアは学校でいじめにあっており、学校を休んでは流血するシーンが多々あるビデオゲームやホラー映画を見ていたという。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月26日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。