2014年に公開した映画『ANNIE/アニー』への出演を最後に女優業を引退したキャメロン・ディアス(47)が現地時間4月22日、3か月ぶりに自身のインスタグラムを更新、約3年半ぶりとなる自撮りショットをお披露目した。

キャメロン・ディアスは2014年に女優業を引退後、2015年にバンド「グッド・シャーロット」のメンバーであるベンジー・マッデン(41)と結婚。そして昨年の暮れには、代理母出産で待望の第1子ラディックスちゃんが誕生した。

1月にベンジーと連名でラディックスちゃんの誕生を報告して以来、3か月ぶりとなるキャメロンの投稿は小鳥2羽を自身の頭にのせたセルフィーで、唇は綺麗に赤い口紅が塗られている。47歳になった今でも変わらないキャメロン・ディアスの美しさが一目でわかる写真だ。

「カジュアルな赤リップのつけ方はグッチ・ウエストマンに教えてもらったの。この写真では上手にできてるわ。」
「メイクするときのコツも教えるし、25年一緒に撮影をしてきたグッチと思い出話もするから、ぜひインスタライブを見てね!」

キャメロン・ディアスが信頼する世界的に有名なメイクアップアーティスト、グッチ・ウエストマンと一緒に行うインスタグラムライブの告知も一緒に記載されていた。

キャメロン・ディアスの自撮り画像が投稿されるのは、2016年11月に「投票してきたわよ!」と選挙に行ってきたことを伝えるジージャン姿以来となり、なんと約3年半ぶり。久しぶりの自撮り写真の投稿にファンはもちろん、キャメロンの女優仲間からもコメントが相次いだ。