瞳の色がブルー&ブラウン 神秘的な美しさを持つアルビノの11歳少女(露)

瞳の色がブルー&ブラウン 神秘的な美しさを持つアルビノの11歳少女(露)
瞳の色が左右で異なるアルビノの少女(画像は『aminaarsakova 2020年1月7日付Instagram「Мои поиски прекрасного в очередной раз увенчались успехом」』のスクリーンショット)
       
左右の瞳の色が違い、白く透き通るような美しさを持つ11歳の少女がSNSで話題となっている。少女はロシア南部チェチェン共和国在住で、同国の写真家がSNSに写真を投稿したことで注目を浴びた。

個性的な美しさが注目されているのは、チェチェン共和国の首都グロズヌイ(Grozny)で生まれ育ったアミナ・イペンディエヴァさん(Amina Ependieva)で、まだ11歳の小学生だ。

イペンディエヴァさんが初めてSNSで紹介されたのは今年1月のことで、同国の写真家アミナ・アサコヴァ氏(Amina Arsakova)のInstagramに複数の写真が投稿された。アサコヴァ氏は「美しさを探求し、成功した」との言葉を添えており、イペンディエヴァさんの白く透き通るような肌や毛髪、そして右がブルー、左がブラウンの瞳の色に注目が集まった。

アサコヴァ氏によると、イペンディエヴァさんの写真への反響は大きく平均1千人のシェアが1万人に急増、「ユニーク」「美しい」「清楚」といった絶賛する声のほかに「カラーコンタクトを入れているんだろう」「撮影後に何か細工したに違いない」などのコメントがあがったそうだ。

実はイペンディエヴァさんのユニークな容姿は2つの遺伝子疾患によるもので、1つは全身の色素が欠乏する「アルビノ(先天性色素欠乏症)」で透き通るような白い肌や毛髪、眉毛などはこれに由来している。もう1つは左右で虹彩の色が違う「虹彩異色症」で“オッドアイ”とも呼ばれており、瞳の色を作るメラニン色素が片方だけ少ないことが原因だそうだ。
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月9日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。