“キラキラネーム”名付けの先駆者グウィネス・パルトロウも、イーロン・マスク氏とグライムスのカップルには負けを認めざるを得なかったようだ。前夫クリス・マーティンとともに2004年、2006年に子供達に珍名を授けたグウィネスだったが、イーロン氏とグライムスが愛息に究極の“キラキラネーム”をつけたことを受け、「負けた」とあっさり敗北宣言した。

2003年に「コールドプレイ」のクリス・マーティンと結婚し、2004年に長女アップルさんを、2006年に長男モーゼスくんをもうけたグウィネス・パルトロウ。子供達に「アップル」「モーゼス」と超個性的な名前をつけたことで、夫妻は当時かなりのバッシングに晒されたものだ。“風変わりな名前をつけたぶっ飛んだ親”というレッテルを貼られたグウィネスだったが子供達はスクスクと成長、2016年の離婚成立後も互いの新パートナーを交えた新たな“家族”の形を見事に実現させ、現在は“円満離婚の伝道師”として仲間から厚い人望を得ている。

そんな“キラキラネーム”の先駆者グウィネスだが、先日イーロン・マスク氏とグライムスが公表した愛息の名前には、世間の人々と同じようにかなりの衝撃を受けたもよう。米ファッション誌『InStyle』が、イーロン氏とグライムスが息子に「X Æ A-12」という珍名をつけたことをInstagramで取り上げると、グウィネスはその投稿にこうコメントしたのだ。