ベン・スティラーの父、俳優ジェリー・スティラーが92歳で逝去
拡大する(全1枚)
最愛の父を亡くしたベン・スティラー
アメリカを代表するコメディ俳優のジェリー・スティラーがこのほど、老衰のため92歳で亡くなったことが分かった。息子で俳優のベン・スティラーが米時間11日、Twitter上で父の死を公表した。

映画『ミート・ザ・ペアレンツ』シリーズや『ドッジボール』『スタスキー&ハッチ』などで知られる俳優ベン・スティラーが米時間11日に自身のTwitterを更新、最愛の父で同じく俳優として活躍したジェリー・スティラーの死を公表した。ベレー帽をかぶったジェリーの写真に、ベンは次のようにメッセージを添えた。

「残念なことに、私の父ジェリー・スティラーが老衰のため亡くなりました。素晴らしい父親、祖父であったとともに、アンにとっては約62年間、最高の夫でした。父の死が心から惜しまれます。お父さん、愛しています。」

1927年にニューヨーク・ブルックリンで生まれたジェリー・スティラーは、8歳のときに観たマルクス兄弟のコメディ映画『オペラは踊る(A Night at the Opera)』に感銘を受け、ショービジネス界入りを志した。第二次世界大戦に従軍したのち、ジェリーはニューヨークのシラキュース大学で演劇を専攻、その後劇場などでキャリアを積んだ。

ジェリーは1955年に結婚した女優のアン・メイラ(享年85)とタッグを組み“コメディ・デュオ”として活躍、『エド・サリヴァン・ショー(The Ed Sullivan Show)』『The Stiller and Meara Show』などで人気を博した。他にも『サタデー・ナイト・ライブ(Saturday Night Live)』や『ジェシカおばさんの事件簿(Murder, She Wrote)』『ロー&オーダー(Law&Order)』など数々の番組に出演したジェリー、近年はアメリカで国民的コメディドラマとして親しまれる『となりのサインフェルド(Seinfeld)』のフランク・コスタンザ役や、『キング・オブ・クイーンズ』のアーサー・スプーナー役でお茶の間に笑いを届けた。