保護した女性も涙 重度の奇形と障がいを持つ犬、愛情受けて幸せに(米)<動画あり>

保護した女性も涙 重度の奇形と障がいを持つ犬、愛情受けて幸せに(米)<動画あり>
2018年11月にフレディと初めて会った女性(画像は『Ready Freddie 2019年5月30日付Facebook「Here’s a #tbt to the very first time Angela and I met in November 2018.」』のスクリーンショット)
22歳の時から犬の保護活動に尽力し、飼い主の都合により捨てられたり障がいがあって引き取り手がない犬を自宅でケアする女性がいる。女性は過酷な環境で生きてきた犬たちを引き取る際に感情的になることはほとんどなかったが、1年半前にチワワのミックス犬と出会った時、これまでにない衝撃を受けて涙が溢れて止まらなかったという。『The Dodo』などが伝えた。

米カリフォルニア州カーン郡テハチャピに住むアンジェラ・アダンさん(Angela Adan)が、メスのチワワのミックス犬に初めて会ったのは2018年11月のことだった。「引き取りが見つかりそうもない」との連絡を受け、車で4時間かけて保護シェルターに向かったアンジェラさんは、重度の障がいを持つ小さな犬を見て「この子を救うのは自分しかいない」と一目惚れし受け入れた。酷く痩せたその犬には“フレディ・マーキュリー(Freddie Mercury)”と名前をつけた。

アンジェラさんは、当時のことをこう振り返っている。

「フレディは怪我をしたままダッフルバッグに詰め込まれ、車の下に捨てられていたそうです。過剰歯で引き取る前にすでに17本も抜歯しており、眼球が突出していました。また生まれつき前足が横に広がるなど重度の奇形を抱えており、歩くことさえできませんでした。」

「面会の日、私がブランケットにくるまれたフレディを優しく撫でると、小さな顏を上げて『助けてくれてありがとう』とでも言っているかのように私のことを舐め始めたのです。フレディが私のことを信頼し、安心しているようにも見えました。」

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月13日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。