まもなく孫が誕生予定のアーノルド・シュワルツェネッガー。初孫とあってその喜びもひとしおの様子だ。アーノルドはこのほど出演したトーク番組のなかでまだ見ぬ孫の“最強DNA”を自慢、早くも“爺バカ”ぶりを発揮した。

映画『ターミネーター』シリーズや『ツインズ』などに出演し人気を集めた俳優で、元カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツェネッガー昨年6月に俳優クリス・プラットと結婚した長女キャサリンさんは現在、第1子を妊娠中だ。アーノルドにはアメリカの名門ケネディ家出身の元妻マリア・シュライヴァーとの間に、上は30歳のキャサリンさんから下は22歳まで4人の子供が、さらに元お手伝いの女性との間にも現在22歳になる息子がいるが、孫が誕生するのは今回が初めてのこと。

72歳にしてグランパデビューを目前に控えたアーノルドは、現地時間18日に人気トーク番組『The Tonight Show Starring Jimmy Fallon』にリモート出演し、初孫の誕生が待ちきれない様子で終始饒舌なトークを繰り広げた。司会のジミー・ファロンにまもなくおじいちゃんになることを祝福されると、アーノルドは顔をほころばせながら

「そうなんだよ。信じられるかい? キャサリンがオメデタで赤ちゃんが生まれるなんて。細かい日にちまではわからないけど、夏に生まれる予定なんだ。男の子であれ女の子であれ、僕は孫と一緒に遊べることをすごく楽しみにしてるよ。」