ヘンリー王子・メーガン妃、2年弱のロイヤルライフは57億円超の税金に支えられていた

ヘンリー王子・メーガン妃、2年弱のロイヤルライフは57億円超の税金に支えられていた
「税金で豪遊生活」とバッシングされたヘンリー王子&メーガン妃(画像は『Kensington Palace 2018年5月20日付Instagram「How are you celebrating the #RoyalWedding? Thank you to the amazing crowds in Windsor for the incredible reception for The Duke and Duchess of Sussex today.」』のスクリーンショット)
ヘンリー王子とメーガン妃の2年弱に及んだロイヤルライフには、イギリス国民が納めた57億円超もの税金が費やされていた計算になるという。同国元国会議員が、大衆紙への寄稿文の中でその内訳を明らかにしている。

2018年5月におよそ10万人の観衆が見守るなか、ウィンザーにて華やかなロイヤルウェディングを行ったヘンリー王子・メーガン妃夫妻。当時は“開かれた王室”、“モダン・ロイヤル”ともてはやされたものの、2人は今年3月いっぱいで王室を離脱、現在は1歳の愛息アーチーくんとともに妃の故郷ロサンゼルスで暮らしている。

“サセックス公爵夫妻”として過ごした期間はわずか2年未満と短命に終わったが、2人の豪華絢爛なロイヤルライフは国民が納めた多額の税金によって賄われていたようだ。イギリスの元国会議員で、枢密院(国王の諮問機関)の現顧問官、そして作家のノーマン・ベーカー氏が『Daily Mail Online』でその内訳を明らかにした。

ベーカー氏によれば、2018年5月19日のロイヤルウェディングからヘンリー王子・メーガン妃が正式に王室を離脱した今年3月31日までの期間において、夫妻のありとあらゆる“ニーズ”に応えるために納税者が費やした税金は57億円超(4400万ポンド超)にのぼるという。ベーカー氏はそのおおよその内訳を次のように明かしている。

■ロイヤルウェディング 約41億円(3150万ポンド)
総額約44億円のうち2億6000万円は王室が支払ったとされるが、残りの約41億円は税金によって賄われたという。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「キャサリン妃」のニュース

次に読みたい関連記事「キャサリン妃」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ジョージ王子」のニュース

次に読みたい関連記事「ジョージ王子」のニュースをもっと見る

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月24日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。