カーディ・B、数か月かけて完成させた超特大サイズの仰天タトゥーを披露

カーディ・B、数か月かけて完成させた超特大サイズの仰天タトゥーを披露
自主隔離中に仰天タトゥーを入れたカーディ・B(画像は『Cardi B 2020年4月30日付Instagram「I need a tan」』のスクリーンショット)
このほど人気ラッパーのカーディ・Bが、数か月かけて完成したという超特大サイズの仰天タトゥーをInstagramで披露した。背中の右側上部から左脚太ももにかけて彫られた巨大なタトゥーは、そのサイズやデザイン、そして鮮やかすぎる色づかいが大きな注目を集めている。

ストリッパーから時代を代表する女性ラッパーへと上り詰めたカーディ・B昨年はグラミー賞を受賞し名実ともに一流アーティストの仲間入りを果たしたカーディは、“アメリカンドリーム”を地で行く爽快サクセスストーリーで多くのファンを魅了している。天真爛漫なキャラクターやゴージャスすぎるライフスタイルなどすべてが“規格外”のカーディだが、このほどInstagramで披露した最新タトゥーはそんな彼女のキャラクターを見事に体現した、迫力満点の仕上がりになっている。

「オッケー、みんな! ジャジャーン! 数か月かかったけど、やっと完成したわ。これがアタシが背中に入れたタトゥー! 肩のてっぺんから太ももの途中まで続く大作よ。」

米時間22日、カーディはInstagramにそのように記して、自慢の新作タトゥーの全貌を映した短い動画を公開した。そこにはカーディの言う通り、背中の右上からスタートし、左尻、左脚太ももにかけて続くド迫力のタトゥーがある。ハスの花、ヒマワリ、バラ、ユリなど何種類もの花に加え、蝶、ハチドリといったデザインが、赤、青、紫、ピンク、オレンジ、緑など鮮やかな色彩で描かれている。

この大胆かつ緻密なデザインは、カリフォルニア州オークヒルズの「ユニオン3 タトゥー」を拠点に活躍するアーティスト、ジェイミーさんによるもので、彼のInstagramには

「60時間超、10以上の都市。素晴らしいプロジェクト、そしてクレイジーな体験だったよ。」

と綴られている。現在カリフォルニア州では一部の地域を除き、タトゥーパーラーは引き続き営業休止を余儀なくされているが、カーディが自主隔離生活を送るジョージア州アトランタでは、すでに営業の再開が許可されている。2人のコメントを見る限り、カーディはパンデミック以前からジェイミーさんを同行させて、数か月をかけてやっとこのタトゥーを完成させたようだ。

Instagramにはセクシーなビキニを着て、完成したばかりのタトゥーを披露するカーディの姿も公開されており、そこには

「最高傑作のタトゥーね」
「見事な色彩!」
「ダイナミックなデザインがあなたにピッタリ」

など多くの称賛コメントが書き込まれている。しかし中には

「自主隔離中にタトゥー?」
「一体いくらかかったのかな」
「20年、30年後の劣化した姿を考えるとオソロシイ」

といった声も寄せられている。



画像は『Cardi B 2020年4月30日付Instagram「I need a tan」、2020年5月22日付Instagram「Givin you the blues .....」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月25日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。