再開したマクドナルドのナゲットに9歳少年が感極まって号泣(シンガポール)<動画あり>

再開したマクドナルドのナゲットに9歳少年が感極まって号泣(シンガポール)<動画あり>
チキンマックナゲットを食べながら号泣する少年(画像は『WatiWan MayaAdam CyraRysa 2020年5月19日付Facebook「Reaction video of Adam getting McDonald’s」』のスクリーンショット)
各国が外出規制を緩和し経済再開に向け動き始めるなか、シンガポールでも一時閉店していたマクドナルドが営業を再開した。世界には大勢のマクドナルドファンがいるが、シンガポールでマクドナルドのチキンマックナゲットを久々に口にした少年が大好物の味に思わず感極まり号泣してしまったという。『The Sun』『Mirror』などが伝えている。

シンガポールではマクドナルドの従業員が新型コロナウイルスに感染していたことを受け、4月19日から国内の全店舗がドライブスルーなどを含む営業を取りやめていた。そして今月11日にテイクアウト、宅配そしてドライブスルーのみの営業が再開された。

マクドナルドの再開を心待ちにしていたシンガポール在住の9歳の少年アダム・ビン・モハマド・イルワン君(Adam Bin Mohammad Irwan)のために、母親のワティワン・マヤアダム・シラリサさん(WatiWan MayaAdam CyraRysa)は早速、マクドナルドでナゲットやポテトなどの商品を購入し自宅に戻った。

実はこの時シラリサさんはイルワン君に内緒でマクドナルドを購入しており、驚かせようと思ったようだ。そして自宅に入る前にポテトなどの匂いが漏れないようにビニール袋に入れ、イルワン君に気づかれないようにこっそりとダイニングテーブルの上に食べ物を用意した。

準備が整ったシラリサさんは、何食わぬ顔でイルワン君を呼んだ。するとテーブルの上にあるマクドナルドの食事を見て、イルワン君はなぜか顔をしかめたまま悲鳴をあげてテーブルの周りを走り出した。彼はシラリサさんが単にイタズラを仕掛けたものと思い込んで、癇癪を起こしたようだ。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月25日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。