NHKドラマ『光源氏くん』最終回に「近年稀に見る多幸感」の評価 ヒロイン・伊藤沙莉が撮影裏話明かす

NHKドラマ『光源氏くん』最終回に「近年稀に見る多幸感」の評価 ヒロイン・伊藤沙莉が撮影裏話明かす
千葉雄大、桐山漣、伊藤沙莉『いいね!光源氏くん』オフショット(画像は『RENN KIRIYAMA/桐山漣 2020年5月23日付Instagram「本日最終回!」』のスクリーンショット)
NHK総合よるドラ『いいね!光源氏くん』が5月23日の放送で最終回を迎えた。ヒロイン・藤原沙織役の伊藤沙莉はオンエア前に主人公・光源氏役の千葉雄大と和んだ表情のオフショットをインスタグラムに投稿していたが、最終回から一夜明けると「そうよね、中ちゃんの半年後も気になるわよねっ…」と中将役を演じた桐山漣裏話を明かしてファンを喜ばせた。

このドラマは女性向け漫画雑誌『FEEL YOUNG』で2015年12月号から連載されているラブコメディ『いいね!光源氏くん』(作者・えすとえむ)を実写化したもので、『源氏物語』の世界から現代にタイムスリップしてきた平安時代の貴族、光源氏(千葉雄大)と中将(桐山漣)が、一人暮らしのOL・藤原沙織(伊藤沙莉)やキャバクラでバイトしている妹・藤原詩織入山杏奈)と出会い“真面目”なプレイボーイぶりを発揮する姿を描いている。

千葉雄大と言えばスーパー戦隊シリーズ『天装戦隊ゴセイジャー』(2010年2月期)の主人公・アラタ(ゴセイレッド)役で知られるが、最近は映画『スマホを落としただけなのに』シリーズでシリアスな演技を見せて新境地を拓いた感がある。

また桐山漣は『仮面ライダーW』(2009年9月期)で菅田将暉とW主演を務めて注目を集めたが、『光源氏くん』では千葉雄大と組んで菅田とのコンビを彷彿とさせるような息の合った演技が印象的だった。

そんな平安時代のプレイボーイ2人を相手に、自身の恋愛観を貫くヒロイン・藤原沙織役を好演したのがハスキーボイスが魅力的な

あわせて読みたい

伊藤沙莉のプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「伊藤沙莉 + 事故」のおすすめ記事

「伊藤沙莉 + 事故」のおすすめ記事をもっと見る

「伊藤沙莉 + ひよっこ」のおすすめ記事

「伊藤沙莉 + ひよっこ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「木村多江」のニュース

次に読みたい関連記事「木村多江」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月25日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 伊藤沙莉 Instagram
  2. 伊藤沙莉 ひよっこ
  3. 伊藤沙莉 ドラマ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。