“ドライブスルー方式”のベビーシャワーに妊婦が大感激(南ア)<動画あり>

“ドライブスルー方式”のベビーシャワーに妊婦が大感激(南ア)<動画あり>
ベビーシャワーのギフトを車から受け取る夫妻(画像は『News24 2020年5月20日付「WATCH | Mom-in-law hosts surprise drive-thru baby shower during lockdown」』のスクリーンショット)
出産前に家族や友人と過ごすベビーシャワーは、妊婦にとって楽しみの一つだろう。しかし南アフリカでは現在、外出やパーティが許可されておらず、人々が集まってお祝いすることができない。そこで妊婦の義理の母が驚きのベビーシャワーを企画して祝福したという。そのほほえましい光景を『News24』などが伝えている。

南アフリカのケープタウンで教師をしているサシャ・ブラッドリーさんは、第1子を妊娠していた。すでに臨月に入って出産準備が進んでいたものの気持ちが晴れないままだった。ロックダウン(都市封鎖)によりウイルス警戒レベル4の南アフリカでは、家族や友人同士で集まることができず、残念ながらサシャさんのベビーシャワーもできなかった。またサシャさんの母と義母は、日に日に大きくなっていくサシャさんのお腹を見たりするなど出産までの道のりを共に過ごすことができず、気持ちの整理がつかないようだった。

そんななか義母は「出産までの時間をみんなが暗い気持ちで過ごすことは避けたい」と、サシャさんのためにサプライズでベビーシャワーを行うことにした。警戒レベル4では、朝6時~9時の間で半径5キロ以内の移動が許されている。その時間を利用して、5キロ圏内に住む彼女の友人らに来てもらうのだ。もちろん集まってゆっくり過ごす時間はないし、ハグもできない。そこで“ドライブスルー方式”を取ることとした。

ちょうど母の日だった5月10日の朝、何も知らないサシャさんは夫のアシュレイさんと2人で家の前の道路に立っていたところ、クラクションを鳴らして車がやってきた。しかも20台以上が連なっていたのだ。サシャさんはその車の列が家族や友人であることに驚いている。車は順番が来ると挨拶をしてプレゼントを渡し、サシャさんやアシュレイさんと窓越しに少し話をして去っていく。ロックダウン中に会えなかった人たちが、手を振ったり、投げキッスをしたり、軽く話をするだけだったが、サシャさんはのちに「私の人生の中で最もスペシャルな日」と明かしており、このサプライズを企画した義母についても「彼女はとても素晴らしい、唯一無二の人」と語った。アシュレイさんによると、サシャさんは皆が去った後も喜びのあまりしばらくは泣き続けていたそうだ。ギフトをもらうことよりも「出産前に彼女を愛してくれている人々に会えたことが素晴らしい出来事だった」という。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月25日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。