モーリー・ロバートソン「SNSを規制するだけ」に疑問 「“煽り”を演出に含めていた責任を追及すべき」

出演していた女子プロレスラー・木村花さんが逝去したことを受け、『テラスハウス』の新シーズン「TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020」の制作を中止することが27日の番組公式サイトで発表された。木村さんがネット上で誹謗中傷を受けていた問題を受け、政府がSNSの該当する投稿者の特定を容易にする制度改正の議論を本格化させる方針を示している。この流れに国際ジャーナリストのモーリー・ロバートソン氏は、情報番組で「SNSを規制するだけで良いのか」と持論を展開した。

高市早苗総務大臣は26日に「ユーザーの情報モラルを向上していくことが最も大事です」と述べ、発信者の特定を容易にするため制度改正を検討する考えを明らかにしている。また同日にはTwitter JapanやLINE、Facebook Japan、 ByteDance日本法人などネット事業者が参加するソーシャルメディア利用環境整備機構(SMAJ)が、SNS上での誹謗中傷について「他人への嫌がらせや侮辱を禁止する」、「禁止事項を破った場合は、サービスの利用停止などを行う」など被害を未然に防ぐための対応を強化するとの緊急声明を発表した。

この問題について、28日放送の朝の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)で木曜コメンテーターのモーリー・ロバートソン氏は「SNSを規制するだけで蓋をするのは、バランスが悪いのではないか」と疑問を呈した。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

モーリー・ロバートソンのプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「モーリー・ロバートソン」に関する記事

「モーリー・ロバートソン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「モーリー・ロバートソン」の記事

次に読みたい「モーリー・ロバートソン」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク