12歳少女がコイン型リチウム電池を誤飲、食道に停滞したまま死亡(露)

12歳少女がコイン型リチウム電池を誤飲、食道に停滞したまま死亡(露)
亡くなった12歳の少女と母親(画像は『Daily Star 2020年5月28日付「Girl, 12, dies in agony coughing up blood after swallowing tiny lithium battery」(Image: VK.com)』のスクリーンショット)
       
玩具、腕時計、電子ゲームなどの小型機器に使われているコイン型リチウム電池は、誤飲すると食道や胃などの粘膜を短時間で損傷させ、重症化することも多い。このたびロシアで、12歳になったばかりの少女がこの危険な電池を誤飲し、1週間後に死亡していたことが明らかになった。『The Sun』『New York Post』などが伝えている。

ロシア西部ブリャンスク州ジューコフカ(Zhukovka)に住むヴァレリア・マカロワちゃん(Valeria Makarova、12)は先月、腕時計のコイン型リチウム電池を誤飲してしまった。両親はすぐに娘を地元の病院に連れて行ったが、医師は「自然に排出されますから問題ないでしょう」とだけ伝えて帰宅させていた。

数日後、ヴァレリアちゃんは吐血して苦しみ出したことから驚いた両親は別の病院へ連れて行った。医師はレントゲン検査を行ったが誤飲した電池を発見することができず、ヴァレリアちゃんの容態は悪化。この時すでにコイン型リチウム電池は食道に癒着しており、ヴァレリアちゃんは誤飲してから1週間後に心停止で亡くなってしまった。

一家の友人によると、ヴァレリアちゃんは腕時計の電池を交換していた際に、反射的にコイン型リチウム電池を口に入れて飲み込んでしまったという。酷く苦しんだ末に死亡したことも分かっており、「速やかな摘出ができていればと悔まれる。これはあまりにも悲劇的な事故だ」と語っている。
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「12歳少女がコイン型リチウム電池を誤飲、食道に停滞したまま死亡(露)」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    電池誤飲の危険性はともかくとして、12歳が何故?と思ってしまった。

    5
この記事にコメントする

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月2日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。