「一日1食」のナオミ・キャンベル、専属シェフがこだわりの食生活を明かす

「一日1食」のナオミ・キャンベル、専属シェフがこだわりの食生活を明かす
専属シェフが明かしたナオミ・キャンベルの食生活とは?(画像は『Naomi Campbell 2020年5月4日付Instagram「Last year’s #MetGala」』のスクリーンショット)
       
1980年代からスーパーモデルとして人気を博し、現在も第一線で活躍するナオミ・キャンベル(50)。彼女の専属シェフを10年以上務めるショーン・ジョンさんが、ナオミの日常の食生活を明らかにした。ナオミは乳製品やグルテン、鶏肉などは一切口にせず、今年4月には「一日1食」を告白して批判を浴びたばかりだ。

このほどナオミ・キャンベルの専属シェフ、ショーン・ジョンさんが『Page Six』のインタビューに応じ、彼女のプライベートな食生活について語った。

「私はナオミの食事を10年以上担当しています。彼女が自分自身で用意した食料品もあるのですが、私は本当においしい料理を一日1食用意しています。本当に美しく、健康的な食事ですよ。彼女はクリーンなベジタリアンスタイルという意味を持つ“Ital Food(アイタルフード)”を食べているのです。」

「Ital」とは英語で生命や元気が出るという意味の「Vital」を語源とし、ジャマイカ訛りでアイタルと呼ばれる。アイタルフード(生命力の食品)はラスタファリアンの食文化でもあり、レゲエ・ミュージシャンのボブ・マーリーが実践したことでも知られている。

「ナオミがプライベートで旅行をする時も、私が料理を用意します。彼女は機内食を食べませんから。」

ジャマイカ人であるショーンさんは、新型コロナウイルスのパンデミック中も彼女のために食事を用意してきたそうだ。ショーンさんは米ニューヨークのチェルシーマーケットでジャマイカンレストラン「Tings」とフレンチビストロ「Le Song」を経営しており、つい先ごろテイクアウトとデリバリーのみで営業再開したばかりだ。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月7日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。