元聖職者81歳男性の遺産を同性婚の27歳夫が相続「遺産目当て」と非難の声(ルーマニア)

このほどルーマニアで、81歳の元聖職者の男性が亡くなった。男性は同性婚をしており27歳の夫がいる。この夫が男性の遺産を受け取ることになり、メディアが注目している。『The Sun』などが伝えた。

ルーマニアの首都ブカレストの病院で5月31日、イギリス出身のフィリップ・クレメンツさん(Philip Clements、81)が遺族の立ち合いもないまま独りでこの世を去った。亡くなったフィリップさんは発熱で病院に搬送され、そのまま昏睡状態に陥り亡くなってしまったようだ。

元聖職者だったフィリップさんには、引退後に所属教会の掟を破って同性結婚した54歳も年下のルーマニア出身のフローリン・マリンさん(Florin Marin、27)という夫がいるが、フローリンさんは昨今の新型コロナウイルスの影響のため病院に立ち入ることができず、フィリップさんの最期に立ち会うことができなかった。

フローリンさんはフィリップさんが亡くなってから2日間泣き続けたが、それ以降は泣くのをやめたという。その理由について、次のように語っている。

「フィリップは私が泣くことを望んではいませんでした。何があったとしても彼は人々に幸せであることを望んでいました。それに彼が亡くなったことで、自分が悲しむ姿を人に見せたくありませんでした。一部の人は悲しみに暮れた僕につけ入ろうとするでしょうし、人によっては他人の悲しみに幸せを感じることもあるでしょうから。」
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク