観光客との記念撮影のため脚を折られたライオンの子供、今は歩けるように 怒りのプーチン大統領が捜査命令(露)<動画あり>

観光客との記念撮影のため脚を折られたライオンの子供、今は歩けるように 怒りのプーチン大統領が捜査命令(露)<動画あり>
今では歩けるようになったライオンの子供(画像は『Daily Star 2020年6月10日付「Lion cub’s legs deliberately broken so he can’t run away from photos with tourists」(Image: karendallakyan)』のスクリーンショット)
       
許されざる動物虐待のニュースがロシアより届いた。“百獣の王”と言われるライオンが生まれて間もなく母親から引き離され、人間の手によって金を生む道具として利用されていた。また残酷にも逃げられないように後ろ脚を骨折させられており、事態を知ったプーチン大統領の命令によって捜査が行われているという。『Daily Star』『WhatsNew2Day』などが伝えている。

ロシア連邦・ダゲスタン共和国の首都マハチカラで、納屋の中に繋がれっぱなしの子供の雄ライオンが地元住民によって発見され、今年の3月下旬頃に保護された。ライオンは歯の成長具合から生後7か月頃とみられ、寒い納屋の中で糞尿にまみれており、しかも後ろ脚を骨折し筋肉が萎縮して歩けない状態だったという。

ライオンは獣医のカレン・ダラキャンさん(Karen Dallakyan)の元で治療を受けることになったが、カレンさんによると身体には殴打されたような痕があり、脊髄を損傷していることで痛みを感じるたびに痙攣を起こしていたそうだ。

救助に関わったユリア・エイジーヴァさん(Yulia Ageeva)は「このライオンは餌も与えられず、絶えず氷のような冷たい水が体に滴り落ちる状態にあったようです。これは本当に地獄ですよ」と怒りを露わにしている。

地元の報道によると、ライオンは昨年の夏頃に生後数週間ほどで母ライオンから引き離され、ある写真家によってビーチで観光客と一緒に記念撮影するために飼われていたようだ。しかしこのライオンが徐々に成長すると、観光客との撮影中に逃げられないように後ろ脚を故意に骨折させたという。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月12日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。