さんまの「漢字」解釈が目から鱗  ファンからの千円札への神対応も「ミクロな喜びを持つ続けられる人」の声

さんまの「漢字」解釈が目から鱗  ファンからの千円札への神対応も「ミクロな喜びを持つ続けられる人」の声
単なる「お笑い怪獣」ではなかった明石家さんま
明石家さんまと言えばビートたけしタモリとともに日本のお笑い界の「ビッグ3」とされ、なかでも多くのバラエティ番組で活躍を続けるさんまは「お笑い怪獣」の異名を持つ。6月16日放送のトークバラエティ番組『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)ではさんまのカリスマ性を思わせるような一幕があり、Twitter上で「さんまさんマジもんの天才やな…」と反響があった。

今回の『踊る!さんま御殿!!』は、東大生を中心としたインテリ軍団とおバカタレントによるノットインテリ軍団をゲストに迎えてトークを繰り広げた。

ノットインテリ軍団で「〇〇さんへ」と書く際に「へ」と「え」を間違うという話題になり、さんまがインテリ軍団に「なんで『へ』と書くのか?」と聞いたのが発端となる。

東大及び東大大学院出身で俳優の森田舜が「平安期にひらがなは女文字とされ女性が使う文字だった。『へ』はその名残ではないか」と解説。「漢字が男文字、ひらがなが女文字とされた」と話したところ、明石家さんまが「あ、そうかそうか! 漢字は完全に男が作ったものやもんな」と合点しながら「漢字は『好』や『嫌』を女偏(おんなへん)にしてあるからな、男が作ったものや」と独自の解釈を展開したのである。

東大生たちは思いもよらない解釈だったようで「あーー!」と感心する声が沸き、森田舜に至っては「確かにそうですね! すごい!」、「さんまさんインテリじゃないですか」と絶賛するので、

あわせて読みたい

明石家さんまのプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「今田耕司」のニュース

次に読みたい関連記事「今田耕司」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東野幸治」のニュース

次に読みたい関連記事「東野幸治」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「加藤浩次」のニュース

次に読みたい関連記事「加藤浩次」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月19日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。