ウィリアム王子&キャサリン妃夫妻、対面公務再開でロックダウン緩和後の地元ビジネスを盛り上げる

ウィリアム王子&キャサリン妃夫妻、対面公務再開でロックダウン緩和後の地元ビジネスを盛り上げる
ガーデニング仕様のファッションもエレガントなキャサリン妃(画像は『Duke and Duchess of Cambridge 2020年6月19日付Instagram』のスクリーンショット)
今週に入り、対面式の公務をスタートした英王室。チャールズ皇太子&カミラ夫人やウィリアム王子に続き、キャサリン妃もいよいよ活動を再開した。妃がロックダウン後初の訪問先に選んだのは、自宅からほど近いガーデニングセンターだ。スキニージーンズとスニーカーで店のオーナーや訪れた客達と談笑する妃の爽やかな姿を、多数のメディアが報じている。

イギリスがロックダウンに入る前、キャサリン妃が最後に対面式公務を行ったのは今からちょうど3か月前のことだった。ウィリアム王子とともに公的保健医療サービス「NHS」が運営するロンドン郊外の緊急コールセンターを訪れたキャサリン妃だったが、以降は自宅からビデオ通話などを利用したリモート公務を行っていた。

しかしイギリスでロックダウンが一部緩和されたことを受けて現地時間18日、キャサリン妃も一足先に対面式公務を再開したチャールズ皇太子・カミラ夫人や夫ウィリアム王子に続いた。

キャサリン妃がスキニージーンズ&スニーカーにベストというカジュアルな装いで出かけた先は、現在一家が自主隔離中のノーフォーク州アンマーホールの別荘からほど近い「フェイクナム・ガーデンセンター」だ。昨年の「チェルシー・フラワー・ショー」では、自らデザインした庭園にエリザベス女王を案内するなどガーデニングの腕前を存分に発揮したキャサリン妃、ロックダウンが緩和され再びガーデンセンターへ足を運ぶことが可能になり、とても喜んでいたそうだ。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月20日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。