タピオカミルクティーを1日2杯、1か月間飲み続けた少女が昏睡状態に(中国)

タピオカミルクティーを1日2杯、1か月間飲み続けた少女が昏睡状態に(中国)
砂糖の過剰摂取で18歳少女が5日間の昏睡状態に(画像は『The Sun 2020年6月11日付「SUGAR SHOCK Bubble tea addict, 18, ‘fighting for her life in a coma after drinking two cups every day for a month’」(Credit: AsiaWire)』のスクリーンショット)
       
日本でも爆発的な人気となったタピオカミルクティー。海外では「バブルティー」とも呼ばれ、発祥地の台湾はもちろんのことアジア圏やアメリカなどでも広く愛されている。このほど中国の上海でバブルティーに依存してしまった18歳の少女が、砂糖の過剰摂取によって昏睡状態に陥ってしまったという。『7NEWS.com.au』『The Sun』などが伝えている。

5月2日、“バブルティーガール”こと18歳の少女は昏睡状態で倒れているところを家族に発見され、中国・上海の瑞金医院(Ruijin Hospital)に緊急搬送された。この時、彼女の体重は125kgと肥満状態にあり、血液検査では血糖値が通常の25倍もの数値を示していたそうだ。

家族によると少女はバブルティーに依存しており、1か月の間に毎日バブルティー2杯とコーラなどの砂糖がたっぷり入った飲み物などに1日約1500円(100元)を使っていたという。

救命医のルー・イミン医師(Lu Yiming)によって、かなり危険なレベルの高血糖による糖尿病性昏睡と診断された少女には腎障害も見られた。だが人工呼吸器や血液透析療法などの治療が功を奏し、5日後に昏睡から目を覚ました。その後、少女は1か月ほど同病院で過ごし、状態が安定したため6月1日に南翔医院(Nanxiang Hospital)に引き続き管理入院のために転院となった。

少女は昏睡に陥る1週間ほど前から、口渇、吐き気、頻尿などの糖尿病の合併症の症状が現れていたという。この1か月の治療によって少女は35kgも減量に成功しており、「もう二度とバブルティーは飲まない」と約束したそうだ。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月22日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。