「世界一長寿」と報じられた猫 31歳で天寿を全う(英)

「世界一長寿」と報じられた猫 31歳で天寿を全う(英)
大往生を遂げた猫“ラッブル”(画像は『UNILAD 2020年7月3日付「‘World’s Oldest Cat’ Rubble, Who’d Be 150 In Human Years, Dies Aged 31」(SWNS)』のスクリーンショット)
英デヴォン州でミッシェル・ヘリテージさん(Michele Heritage、52)に飼われていたメインクーン雑種の猫“ラッブル(Rubble)”が、32歳の誕生日を迎える前に亡くなっていたことが明らかになった。人間で言うと140歳超と推定され、ギネス世界記録への登録はされていないものの『People.com』『Devon Live』などが「世界最高齢のラッブルが亡くなった」と伝えている。

英デヴォン州エクセターに住む“ラッブル”が30歳を迎えたのは、2018年5月のことだった。誕生日会の様子は世界中のメディアで報じられたが、ラッブルは32歳の誕生日を迎える前に天寿を全うしたようだ。

ミッシェル・ヘリテージさんは20歳の誕生日を迎えた1988年5月にラッブルを飼い始め、それ以来ずっと人生を共にしてきた。2年前のインタビューでは、「ラッブルの正確な年齢はわからないのですが、私の20歳の誕生日に仔猫だったので30歳にはなっているはずです。ただ世界記録には全く興味がないのです」と語っており、長寿の秘訣について「私には子供がいないので、ラッブルを我が子のように可愛がっているんですよ。物でもそうですが、ペットも大切にしていれば長生きしてくれると思います」と明かしていた。

そんなラッブルも老いには勝てなかったようで、ミッシェルさんはラッブルと過ごした最期の数か月間について次のように振り返った。

「昨年の暮れ頃からでしょうか。ラッブルが目に見えて弱っていくのがわかりました。食事にも手を付けなくなり、昨年のクリスマスには夫と『これが最期になるかもしれないね』と話していたのです。身体も小さくなってしまいました。」

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月4日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。