常に笑顔の3歳児 「アンジェルマン症候群を知って!」と母親(米)

15,000人に1人の割合で生まれるという遺伝子疾患“アンジェルマン症候群”を患う3歳女児の母が『Metro』『The Sun』のインタビューに応じ、「この病気を多くの人に知ってもらいたい」と訴えた。女児は発達の遅れが見られるものの、家族は女児の病気の特徴でもある“笑顔”に癒されているという。

米テキサス州在住のキーラ・ナイデーさん(Kira Hnidey、38)の三女マデリンちゃん(Madeline、3)は、“アンジェルマン症候群”を患っている。「アンジェルマン症候群基金(Angelman Syndrome Foundation)」によると患者は世界に約50万人おり、精神発達の遅れ、てんかん、失調性運動障害、言語障害、そしてすぐに興奮したり笑ったりするためいつも嬉しそうにしているのが特徴だという。

マデリンちゃんがアンジェルマン症候群と診断されたのは生後8か月の時で、てんかんの発作を起こしたことがきっかけだった。米空軍にてフルタイムで働いていたキーラさんは、マデリンちゃんのケアのため仕事を辞めざるを得なくなり一家の生活は一変した。


キーラさんはいつも幸せそうに笑っているマデリンちゃんについて、次のように明かしている。

「マデリンは病院で血液検査を受け、腕に針を刺されても笑っているのです。そんな娘を見て、看護師のほうが驚きます。痛みを感じると泣くこともありますが、半分笑って、半分泣いているのです。笑っていることがほとんどですから、マデリンが頭の中で何を考えているのか理解するのが難しいのです。」

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク