親戚の飼い犬に顔を噛みちぎられた2歳児 「頬が裂け歯が見えていた」と母(ニュージーランド)

親戚の飼い犬に顔の半分を噛みちぎられた2歳男児の母が、このほど『NZ Herald』『Otago Daily Times』のインタビューに応じた。男児は噛まれた部分から歯が見えるほどの重傷で、心にも相当深い傷を負ったようだ。

ニュージーランド南島クライストチャーチに住むマキシン・ベネット君(Maxin Bennett、2)が犬に噛まれる事故が起きたのは、自宅から700キロ以上離れた北島ヘイスティングズの親戚の家だった。母親のアラナ・トライナーさん(Alana Trainor、29)はその日、長距離の運転で疲れ切り、息子の世話を両親に頼んで休んでいた。

するとしばらくして、母親が叫びながら寝室に飛び込んできた。

「マキシンが犬に襲われたわ。」

慌てて外に飛び出したアラナさんだが、祖父の腕に抱かれたマキシン君は左の頬の皮膚が裂け、中の歯が見える状態だった。アラナさんはすぐに地元の病院に車を走らせ、マキシン君はそこからクライストチャーチの病院にヘリで運ばれて手術を受けた。

実はアラナさんはその日、叔父ピーターさんの誕生日を祝うためにヘイスティングズを訪れており、マキシン君を襲ったのはピーターさんの2頭の飼い犬のうちの1頭だった。事故当時マキシン君は自転車に乗りながらソーセージを食べており、犬がマキシン君のソーセージを奪い取ろうとして噛みついたという。


アラナさんは「この事故で、父は責任を感じているようです。医師からは『犬に噛まれた傷として最も酷いケースだ。ただ神経が損傷を受けているかどうかはわからない』と言われています。マキシンは今後も成長とともに手術をしなければならず、これからマキシンが学校に行くようになって、いじめられたりしないか心配です」と不安を口にした。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク