刑務所行きを逃れるために死亡届を捏造した男 スペルミスが発覚しバレる(米)

窃盗などの罪により刑務所行きを宣告されていた男が自殺を装い死亡届を捏造して罰から逃れようとしたが、スペルミスにより死亡届の偽造が発覚したというニュースがアメリカより届いた。この男性は死亡届の捏造の罪によりさらに刑期が延びる可能性が高いという。『Mirror』『9News』などが伝えている。

米ニューヨーク州ロングアイランドに住むロバート・バーガー(Robert Berger、25)は2018年12月に盗難車だったレクサスの所持、昨年6月にはトラックを盗もうとした疑いで有罪とされていた。

昨年10月22日の裁判で1年間の投獄が言い渡される予定だったが、刑務所に入りたくなかったロバートは自殺したことにして死亡届を偽造したのだ。当日は担当のメイヤー・モザ弁護士(Meir Moza)が裁判所に出廷し「ロバートは死亡した」と裁判官に伝えた。そして10月28日にメイヤー弁護士はロバートの婚約者から受け取った死亡届のコピーを地方検察に提出した。

受け取った死亡届に違和感を覚えた検察は「よく見てみると発行元の名前の一部である“Registry”が“Regsitry”になっているスペルミスを見つけました。発行元のニュージャージー州の保健省に問い合わせると、偽の死亡届だと分かったのです」と明かしており、その後の調査でさらにフォントのサイズとタイプの違いも発覚した。

メイヤー弁護士は「当時ロバートが有罪を認めることと引換えに、検察が処分を軽減する話し合いをしていましたが、ロバートの婚約者から彼の死を知り、死亡届を受け取って提出しました。検察官に死亡届が偽物だと言われるまで気付きませんでした。私はただ巻き込まれただけです」と、自身は死亡届の偽造に関わっていないと主張している。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月26日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。