「神の奇跡」で妊娠1時間後に出産したと主張する母親(インドネシア)

妊娠から出産まではおよそ10か月かかると言われるが、このほどインドネシアで男の赤ちゃんを出産した女性が妊娠して1時間後に出産したと主張し、人々の注目を集めている。『Mirror』『Indonesia Expat』などが伝えた。

インドネシアの西ジャワ州タシクマラヤ県に住むヘニ・ヌレイニさん(Heni Nuraeni、28)は、今月18日の夜に3人目の子供を出産した。ところが今回の出産についてヘニさんがあまりにも信じがたいような主張をしていることから、様々な物議を醸している。

ヘニさんは「妊娠して1時間後に出産した」と主張しており、出産当日の夜にお腹が大きくなって痛みを伴いはじめたとのことだ。その痛みが以前に出産した際の陣痛と同じだったことから、自分が妊娠していると判断し助産師を呼んだという。

ヘニさんは今回の出産について「偉大なる神の奇跡」によって出産したと言い、当時について次のように語っている。

「私はその日、普段通り家にいて特に変わったことはありませんでした。でも突然、お腹の右内側で何かが動いている感じがして痙攣が始まったのです。私はすぐに近所の人に父親の家に連れて行ってくれるよう頼み、助産師を呼んで1時間後には出産したのです。」

へニさんは出産直前まで月経があったことから「何日も前からお腹に赤ちゃんがいたなんて考えられない」と話している。また彼女は2人目の子供を帝王切開で出産したため、医師から「この先2年間は妊娠しないように」と言われていた。そのため夫のエリックさん(Erik、38)とは19か月間、性交渉は全く無かったそうだ。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「神の奇跡」で妊娠1時間後に出産したと主張する母親(インドネシア)」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    父親と親子鑑定すればいいだけ

    3
この記事にコメントする

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月27日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。