街で迷子になった子犬 馴染みの動物病院に助けを求める(タイ)<動画あり>

タイの首都バンコク郊外で6時間も迷子になっていた子犬が、助けを求めて飛び込んだのは馴染みの動物病院だった。飼い主にどうしても会いたかった生後4か月の子犬の小さな冒険を『Bangkok Post』『Bored Panda』などが伝えている。

タイのバンコク郊外サムットプラカーン県にある動物病院「Phuttaraksa Animal Clinic」に7月7日夜8時過ぎ、黒のブル・テリアのミックス犬が現れた。病院前の様子は監視カメラが捉えており、子犬は病院入り口のガラス窓から中を覗いて吠えてみたり、前足で戸をガリガリするなどして必死に何かを訴えているかのようだ。

するとしばらくして子犬の存在に気付いた女性スタッフが入り口の戸を開け、何やら子犬に話しかけている。その後スタッフは一旦戸を閉めているが、「入れてくれ」とばかりに吠え、その場を動かない子犬を可哀そうに思ったのであろう、院内に招き入れた。

『Bangkok Post』によると、同動物病院の獣医サンデン・チョテパナス氏(Saengduen Chotepanus)は他の動物の治療で忙しくしていたが、子犬はサンデン獣医を見つけると嬉しそうに尻尾を振って甘えてきたのだという。

名前こそ思い出せなかったものの子犬に見覚えがあったサンデン獣医は、病院のファイルをチェック。その子犬が生後4か月の“キュー・ングン(Khiew Ngern)”であることを突き止めた。キューは同病院で何度か予防接種を受けており、スタッフはすぐに飼い主のスニー・ブンワラさん(Sunee Bunwara)に連絡を取った。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月1日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。