心臓発作で倒れた刑務所の看守 3人の受刑者が独房から駆けつけ救う(米)<動画あり>

心臓発作で倒れた刑務所の看守 3人の受刑者が独房から駆けつけ救う(米)<動画あり>
看守の危機を救った3人の受刑者(画像は『Mirror 2020年7月30日付「Moment heroic prisoners save police officer’s life as he suffers heart attack」(Image: Gwinnett County Sheriff’s Office)』のスクリーンショット)
アメリカの刑務所で勤務中だった看守が心臓発作により突然倒れてしまった。朦朧とした意識の中で看守は独房のロックを解除し、勇敢な3人の受刑者がすぐに医務室に連絡し助けを求めた。幸いにも看守はすぐに治療を受けることができ、現在は自宅で療養中だという。『The Sun』『Mirror』などが伝えている。

米ジョージア州のグイネット郡刑務所(Gwinnett County Jail)で7月10日、看守のワレン・ホブスさん(Warren Hobbs、46)は60室以上の独房がある大部屋のデスクにて仕事をしていた。しかし突然具合が悪くなり、意識が遠のいてコンクリートの床に倒れ頭を打ち付けてしまった。

施錠された独房にいた60人以上の受刑者たちはワレンさんの様子がおかしいことに気付き、ドアを叩き大きな音を立てて他の看守たちに知らせようと騒ぎを起こした。

この騒ぎで何とか意識を取り戻したワレンさんは、朦朧とした意識の中で独房のロックを解除するボタンをやっとのことで押した。これによりテリー・ラブレス(Terry Loveless)、ワルター・ホワイトヘッド(Walter Whitehead)、ミッチェル・スモールズ(Mitchell Smalls)受刑者の独房が開き、3人が急いでワレンさんの元に駆けつける様子が防犯カメラに映っている。

3人はワレンさんを椅子に座らせたが、その顔は青ざめており背もたれに倒れかかったまま痙攣していたため大声で叫び助けを求めた。その間、ワルターは近くにあった電話で救援と救急車の要請をした。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「心臓発作で倒れた刑務所の看守 3人の受刑者が独房から駆けつけ救う(米)<動画あり>」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    この3人は冤罪だったのでは?表情が美しい。

    0
  • 匿名さん 通報

    https://www.youtube.com/watch?v=SqEFiA70x_Y

    0
この記事にコメントする

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月1日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。