ロシアの動物園で11歳少年がクマに襲われる

記事まとめ

  • ロシアの動物園で11歳の少年が2頭のヒグマに襲われ死亡。
  • 「勇敢なところを見せたい」と檻に侵入していた。
  • 2頭は駆けつけた動物園のスタッフによって射殺された。

「勇敢なところを見せたい」と檻に侵入 11歳少年、動物園でクマに襲われ死亡(露)

「勇敢なところを見せたい」と檻に侵入 11歳少年、動物園でクマに襲われ死亡(露)
クマ2頭に襲われ亡くなった11歳男児(画像は『Mirror 2020年8月6日付「Boy, 11, mauled to death by bears after being dragged inside cage at holiday resort」(Image: VK.com)』のスクリーンショット)
       
ロシアのソチにある小さな動物園で今月4日、11歳の少年が2頭のヒグマに襲われ死亡した。『Mirror』『New York Post』などによると、少年は一緒に来ていた同年代の少女2人に「勇敢なところを見せたい」と檻に侵入したという。

ヒグマに襲われて死亡したのは11歳のニキータ君(Nikita)で、2頭が飼育されていた檻には鍵がかかっていなかった。ニキータ君は「クマと写真を撮ってみせる」と言って檻に侵入。一緒に来ていた少女2人にカッコいいところを見せようと、ヒグマの足を叩いて見せたそうだ。

しかし挑発を受けた2頭はニキータ君に襲いかかり、まるでボールでも扱うように投げ飛ばし、檻の下に掘ってあった穴の中に引きずりこんだ。少女らは大声で泣き叫び助けを求め、2頭は駆けつけた動物園のスタッフによって射殺された。

スタッフによって檻から出されたニキータ君はすでに意識がなく、4日の午後6時に救急隊によって死亡が確認されている。

地元警察は動物園側の過失も含めて調査を開始しており、事故を目の当たりにした少女2人はカウンセリングを受けているという。


なおニキータ君の親類はメディアの取材に「とても賢い子でした。なぜこんな事故が起きてしまったのか、しっかり調査を進めて欲しい」と述べているが、このニュースへの反応は様々で「命と引き換えにすることではない」「動物へのリスペクトが全くない」「親の責任」「自業自得」といった厳しいものから、「動物園の責任でもある」「狭い檻の中でクマ2頭を飼育するなんて、こういった動物園は閉鎖すべき」「劣悪な環境での飼育がもたらした悲劇」といった動物園の在り方を問う声もあがっている。

画像は『Mirror 2020年8月6日付「Boy, 11, mauled to death by bears after being dragged inside cage at holiday resort」(Image: VK.com)(Image: Vesti.ru)(Image: Sochi 24 TV)』のスクリーンショット   
(TechinsightJapan編集部 A.C.)
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月10日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。