ヘンリー王子・メーガン妃が15億円超の豪邸購入 すでに新居で生活も

ヘンリー王子・メーガン妃が15億円超の豪邸購入 すでに新居で生活も
7月上旬よりサンタ・バーバラの住民となったヘンリー王子夫妻(画像は『The Duke and Duchess of Sussex 2020年1月8日付Instagram「“After many months of reflection and internal discussions, we have chosen to make a transition this year in starting to carve out a progressive new role within this institution.」』のスクリーンショット)
       
英王室から離脱後、カナダ滞在を経てアメリカに移住したヘンリー王子・メーガン妃夫妻。友人宅に一時的に滞在していた夫妻がこのほど、サンタ・バーバラに15億円超の豪邸を購入し新生活を始めていたことが明らかになった。

今年1月に王室からの離脱を発表し、その後数か月間をカナダ・バンクーバー島で過ごしたヘンリー王子・メーガン妃夫妻。2人がカナダを離れ、パパラッチの聖地・ロサンゼルスに移住したのはパンデミックのさなか、3月のことだった。夫妻はハリウッドセレブ、タイラー・ペリーがビバリーヒルズ北に所有する1800万ドル(約19億2000万円)とも言われる豪邸にしばらく滞在し、愛息アーチーくんと3人で自主隔離生活を送っていた。しかし滞在中は邸宅上空を低空飛行するパパラッチのドローンに悩まされ、ロサンゼルス市警察に度々通報、訴訟にまで発展するなどトラブルが続いていた。

そんな夫妻が最近になってタイラー・ペリーの豪邸を退去し、新たに豪邸を購入したことを複数のメディアが報じた。『TMZ』によれば、ヘンリー王子とメーガン妃が新居に選んだのは全米屈指の超高級エリア、サンタ・バーバラで、2人は6月に1465万ドル(約15億6600万円)の豪邸を購入したという。『Royal Home Style』のウェブサイトやTwitterページには、夫妻が購入したとされる豪邸の詳細が多数の写真とともに紹介されている。

それらによれば、夫妻が購入した物件はおよそ7エーカー(東京ドーム約0.6個分)もの敷地を有し、そこに建つ約400坪超の邸宅には9つの寝室と16のバスルームがあるという。アーチーくんのためにプール、遊具セットなども完備しており、夫妻はすでに7月上旬より同邸宅で新生活を始めているということだ。なお併設されたゲストハウスにはメーガン妃の実母ドリアさんが暮らしているとのことで、夫妻にとって一番の助っ人であるドリアさんが敷地内にいることは大変心強いものだろう。
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「キャサリン妃」のニュース

次に読みたい関連記事「キャサリン妃」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ジョージ王子」のニュース

次に読みたい関連記事「ジョージ王子」のニュースをもっと見る

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月14日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。