踏切で立ち往生した車いすの男性を間一髪で救った女性警察官(米)<動画あり>

海外では踏切に遮断機のバーを備え付けていないことが多いが、このほどアメリカで電動車いすの男性が列車が迫り来る踏切内で立ち往生し、命を落としかけた。彼を間一髪のところで救出したのは地元の女性警察官だった。『lodinews.com』『New York Post』などが伝えている。

米カリフォルニア州サンホアキン郡ローダイ市で12日の午前8時頃、ローダイ警察のエリカ・ウレア巡査(Erika Urrea)が地元をパトロール中に踏切内で立ち往生している電動車いすに乗った男性(66)を発見した。

電動車いすの車輪がレールに挟まって彼は身動きができずにいた。列車が迫りつつあることに気づいたウレア巡査は、すぐさま警察車両を停車させて男性のもとに駆け寄り、電動車いすごと動かそうとした。しかし電動車いすを移動させることができず、ウレア巡査は男性の腕を掴んでそこから引きずり出そうとした。

その間も列車は警笛を激しく鳴らして2人に迫りつつあった。ウレア巡査は電動車いすから男性を引っぱり出したものの、男性はレールのすぐ脇に倒れ込んでしまった。

ウレア巡査はなおも男性を安全な場所へ移動させるため腕を引いたが、男性は大柄だったことから手間取ったという。その瞬間、列車は男性のすぐ脇を通過し大きな衝突音を立てて電動車いすを弾き飛ばした。

後に公開された警察のボディカメラの映像から、ウレア巡査が警察車両から降りて男性を救うまでたった15秒ほどしかなかったことが明らかになった。ローダイ警察のスティーブ・メイナード巡査長(Steve Maynard)は今回の事故について次のように述べている。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月14日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。