ハリウッドでは、自身の性体験について比較的オープンに語るセレブが少なくない。先日「初体験は何歳の時?」というかなりパーソナルかつ際どい質問に対し、臆することなく答えたセレブ達のインタビュー語録をご紹介したが、その続きをお伝えしたい。


ケイティ・ペリー(35)
俳優オーランド・ブルーム(43)との間に第1子となる女児がまもなく誕生予定のケイティ・ペリー。そんなケイティの初体験は16歳の時、ジェフ・バックリィのアルバム『Grace』が流れる「ボルボ」の車中だったという。ケイティはそれがテネシー州ナッシュビルでの体験だったことを、2014年の『GQ』誌のインタビューで明かしている。

キム・カーダシアン(39)
元彼レイ・ジェイとのHビデオの流出により、一躍その名を世間に知らしめたキム・カーダシアン。カーヴィーな体型や露出度の高いファッションで性にオープンなイメージのキムだが、初めての体験は14歳でお相手はマイケル・ジャクソンの甥TJ・ジャクソン(42)だったという。キムは事前に「性行為がしたいと思っている」ことを母クリス・ジェンナーに相談し、ピル(経口避妊薬)を処方してもらったそうだ。
14歳という年齢で性について母親とオープンに語り合う機会を持ったことを、キムは名司会者オプラ・ウィンフリーとの2012年のインタビューで語っている。


■クロエ・カーダシアン(36)
キムの妹クロエ・カーダシアンも姉同様、14歳で処女を喪失したそうだ。しかしそれはのちにトラウマとなるような、辛く苦い経験だったという。『HLN』のインタビューでクロエは「14歳の時、18歳の彼氏と付き合っていたの。今思うと本当に気持ちが悪いんだけど、当時は自分がイケてると思ってたのよね…端的に言ってしまうと、私は周りからのプレッシャーでセックスをしてしまった。心の準備もできていないままにね。
自分の体のことなんてほとんど知らなかったのに」と明かしており、相手の申し出に応じなければ嫌われてしまう、周りからもバカにされてしまうといった懸念からつい体を許してしまったものの、それがのちに両親の知るところとなり、やがて警察沙汰にまで発展してしまったそうだ。


■ジョー・ジョナス(31)
昨年女優ソフィー・ターナーと結婚し、先月パパになったばかりの「ジョナス・ブラザーズ」次男ジョー・ジョナス。かつてはテイラー・スウィフトやデミ・ロヴァートジジ・ハディッドらと交際していたジョーだが、初体験は20歳の時だったそうで「この人って思える相手が現れるまで待ってよかったと思っている」と2013年の『Vulture』のインタビューで語っている。


ジョージ・クルーニー(59)
米誌『People』の“最もセクシーな男性”に過去2度も選ばれたことのある俳優ジョージ・クルーニー。現在は美人妻アマルさんと双子を育てるイクメンパパだが、そんなジョージは2011年の『Rolling Stone』誌のインタビューで、自身の初体験は16歳の時だったことを明かしている。ジョージはさらに、最初に性的興奮を覚えたのは6~7歳当時で、ロープをよじ登って遊んでいた自分が頂上に達した時に「最高の快感を味わった」とも告白していた。



■アダム・ランバート(38)
『アメリカン・アイドル』出身のアダム・ランバートは2010年、『E! True Hollywood Story』のなかで、初体験は21歳の時だったこと、そして初めてのお相手が「女性ではなく男性だった」ことを明かしている。かねてより同性愛者であることを公言しているアダムは、「決していい思い出とは言えない」「正しいやり方を覚えるまで、ちょっと時間を要しちゃうんだよ」と自身の初体験を自虐ネタを込めて語っていた。


■クリス・ブラウン(31)
ラッパーのクリス・ブラウンは2013年、英紙『The Guardian』のインタビューで「8歳の時、当時14歳か15歳だった女の子と初体験をした」と爆弾告白をした。耳を疑いたくなるような発言だが、バージニア州北部の小さな田舎町で育ったクリスは「あぁ、マジだよ。本当だってば。田舎は他とは違うのさ」とあっけらかんと語っていた。


(TechinsightJapan編集部 c.emma)