すゑひろがりずを解散危機から救ったミルクボーイ駒場の助言 『M-1』決勝に一緒に進出し「めっちゃ嬉しい!」

すゑひろがりずを解散危機から救ったミルクボーイ駒場の助言 『M-1』決勝に一緒に進出し「めっちゃ嬉しい!」
狂言風スタイルのネタが特徴のすゑひろがりず(画像は『【公式】やすとものいたって真剣です 2020年8月26日付Instagram「M-1ファイナリスト すゑひろがりずさん参上」』のスクリーンショット)
       
2019年の『M-1グランプリ』にファイナリストとして出場、一躍知名度を上げたお笑いコンビ・すゑひろがりず(南條庄助・三島達矢)。狂言風スタイルのネタが特徴だが、30代後半で人気を得た遅咲きの2人は低迷していた時期をこれまで経験してきた。コンビの解散を決意した際にそれは救ったのはミルクボーイ・駒場孝の助言だったという。

27日放送のトーク番組『やすとものいたって真剣です』(ABCテレビ)にすゑひろがりずが出演した。MCの海原やすよ・ともこが「会いたい」とリクエストして2コンビの対面が叶ったもので、南條庄助が小鼓を叩くとやすよが「思ったよりいい音だね!」と声を弾ませた。

これまでまったく芽が出なかった2人だが、『M-1グランプリ2019』を境に「人生が圧倒的に変わりましたね」と南條。しかし三島達矢は「楽器も持ってますし、まさか決勝まで進めるとは思っていなかった」と半ばあきらめていたそうだ。三島が後で聞いたのは、若手漫才師の頂点を決める『M-1グランプリ』において楽器はアリなのかナシなのか審査員たちが会議を行い、意見が割れたということ。「鼓は19世紀の漫才では持っている」と三島は説明するが、決勝に進めたからには「アリ」ということになったのだろう。

しかしこの狂言風ネタをメインにするまでには迷走していた2人。「南條」と「三島」から文字を取ってコンビ名を「南の島」にして「パイナポー南條」と「ライチ三島」という芸名で

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「御茶ノ水男子」のニュース

次に読みたい関連記事「御茶ノ水男子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「トット」のニュース

次に読みたい関連記事「トット」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ラフ次元」のニュース

次に読みたい関連記事「ラフ次元」のニュースをもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月28日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。