現地時間27日に行われた共和党全国大会で、ドナルド・トランプ大統領(74)の娘で大統領補佐官を務めるイヴァンカ・トランプ(38)が行ったスピーチの内容を巡り大きな批判が巻き起こっている。

8月24日から27日の4日間にわたって行われた共和党全国大会の最終日にスピーチをしたドナルド・トランプ大統領の長女イヴァンカ・トランプ。マスクを付けていない観客の集まりの前で、大統領の父を紹介するスピーチを堂々と行ったイヴァンカだが、その内容に人々は怒りを爆発させた。

イヴァンカは「4年前、私はあなた達に米国の大統領候補として、建設者であり起業家、アウトサイダー、そして人々の推薦を受けた人物(ドナルド・トランプ氏)をご紹介しました」と4年前の全国大会で行ったスピーチを回顧。そして「私は今夜、国民の大統領の娘としての誇りを持ち、あなた達の前に立っているのです」と述べ、観客から拍手喝采が送られた後、次のように誇り高くドナルド・トランプ氏を紹介した。

「彼は私達の最高司令官、アメリカ人労働者のチャンピオン、“常識の擁護者”、そしてこの国で忘れ去られた男女、人々へ向けて私達の声を届けてくれます。」

しかしイヴァンカが語った「トランプ氏が“常識の擁護者”」という表現に人々は納得がいかなかったのか、Twitter上では彼女に対してのブーイングが飛び交った。

1人のユーザーが「ヘイ、イヴァンカ。君の父親は我々に『“ブリーチ”を体内に注入するべきだ』と言ったよね。それなのによくも彼が“常識人”だなんて言えたもんだ。君にはついていけないよ」とツイートし、以前トランプ氏が新型コロナウイルス対策として「リゾール(クレゾール石鹸液)のような消毒液を体内に注入すれば症状を和らげられる」と意図不明な発言をしていたことを持ち出した。

さらにイヴァンカのスピーチの中で出てきた「私達の大統領は常識を求める」という部分に対して、「死に関わる感染ウイルスが発生しているにもかかわらず、マスクをしていない1500人の観客を前にして彼女は“常識”について触れてるけど、これが常識あるっていうの?」とマスクをつけずに大会が進められていることを指摘するユーザーもいた。

だが父親といえども、トランプ氏の数々の問題発言を耳にしてきたイヴァンカは次のようにも語っている。

「私は父のコミュニケーションスタイルは全ての人々に受け入れられるものではないと認識しております。そして彼のツイート内容は少し率直すぎるところがあると知っています。それでも結果が全てを語ります。」
「物事を同じ方法でやり続けていれば、違う結果は生み出せません。ワシントンがドナルド・トランプを変えてきたわけではありません。彼がワシントンを変えてきたのです。」

何はともあれ、11月の選挙結果が全てを語るであろう。



画像は『Ivanka Trump 2020年8月23日付Instagram「I’m honored to introduce my father this Thursday night at the Republican National Convention!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MIE)