青い瞳に赤茶色の毛 一際目立つアルビノのオットセイに専門家らが注目(露)<動画あり>

青い瞳に赤茶色の毛 一際目立つアルビノのオットセイに専門家らが注目(露)<動画あり>
青い瞳に赤茶色の毛のオットセイ(画像は『LADbible 2020年9月9日付「Rare Ginger Seal Pup Risks Being Shunned Over Unusual Colouring」』のスクリーンショット)
オットセイの繁殖地として知られるチュレニー島(海豹島)で、非常に珍しいアルビノのオットセイが確認された。この個体は生後1か月未満とみられ、専門家らが注意深く観察を続けている。『The Siberian Times』などが伝えた。

露サハリンの東方、オホーツク海にあるチュレニー島はオットセイの繁殖地として知られている。島は南北600メートル、東西90メートルほどと小さいが、繁殖期には砂浜に多数のオットセイが群れをなす。

そのチュレニー島で先月、青い瞳に赤茶色の毛を持ち、足ヒレがピンク色の非常に珍しいオットセイが誕生した。通常オットセイは黒っぽい長い毛を持っており、足ヒレの色も黒であるが、この個体はどこにいても一際目立つ。

専門家によると、この個体は生まれつき色素が部分的に欠如したアルビノの一種(限局性白皮症)で10万分の1の確率で起こり、群れに拒絶されてしまう危険性が高いという。

生物学者のウラジーミル・バーカノフ氏(Vladimir Burkanov)は、このオットセイについて次のように述べている。

「我々はこのオットセイを“醜いアヒルの子(The Ugly Duckling)”と名付け、様子を見守っています。これまでは他のオットセイがこの子を噛んだり、追い回すことはありませんでしたが、仲間に敬遠されている兆候が見られます。今は母親からミルクを十分与えられ、動きも活発ですが、他のオットセイがこの個体にあまり関心がないように見えるのが気になります。」

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月11日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。