安倍前首相のモノマネ芸人、今後に不安も菅首相の顔マネ着手「似てます」「生き残りへの執念」の声

安倍前首相のモノマネ芸人、今後に不安も菅首相の顔マネ着手「似てます」「生き残りへの執念」の声
安倍晋三氏本人と握手したビスケッティ佐竹正史(画像は『いぬ 有馬(ありま) 2020年9月12日付Twitter「9/13(日)23:30よりプレミア公開。」』のスクリーンショット)
連続在職日数1位という歴史的長期政権となった安倍晋三氏に代わり、16日に菅義偉首相が誕生した。お笑い界でこの影響を受ける芸人と言えば、安倍晋三前首相のモノマネでたびたびテレビ出演などもしているお笑いコンビ・ビスケッティの佐竹正史だろう。安倍氏本人と対面し“公認”ももらっている佐竹は、在職期間には「アベノミクスの恩恵をもっとも受けた芸人」と芸人仲間から言われるそうで「誠に御礼を申し上げます」と感謝しているが、今後はモノマネ芸人として不安を覚えているようだ。

吉本坂46」の2期メンバーでもある佐竹正史。14日には相方の岩橋淳と『M-1グランプリ』予選に安倍晋三前首相とお揃いのネクタイで出陣。無事に2回戦への進出を決めている。


佐竹正史の安倍前首相のモノマネは長きにわたり、2007年頃、第1次安倍内閣のときに顔マネを始めて、2012年に第2次安倍内閣が始まると今度はしゃべりのモノマネにも取りかかった。これをモノにするには2年かかったという。その間に安倍前首相の在職期間に、佐竹はモノマネしながら番組で公開プロポーズを成功させて、2019年11月22日の「いい夫婦の日」に入籍、今年5月にはリモート結婚式も挙げた。


8月28日に安倍晋三首相(当時)が辞任表明をしたことを受けて自身のYouTubeチャンネルで公開した動画で、安倍氏の在職期間が長かったおかげで「芸人として成長することができた。また収入ももちろん上がり、結婚することもできた」と深く感謝した。「私自身、日本最長の総理大臣である安倍晋三さんのモノマネを急にやめるということではなく、ニーズがあれば随時、これから先も行っていきたい」と今後についても述べている。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月17日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。