生後12日の赤ちゃん 飼い犬に襲われ死亡「嫉妬が原因か?」(英)

従順な飼い犬が豹変し、幼い子供を襲う事故が後を絶たない。英サウス・ヨークシャー州で今月中旬、可愛がっていた飼い犬が突然、生後12日の赤ちゃんを襲って死亡させた。『The Sun』『Metro』などが伝えている。

英サウス・ヨークシャー州ドンカスターの一軒家で13日午後3時半頃、生後12日のイーロン・エリス君(Elon Ellis)がオスのミックス犬 “テディ(Teddy)” に襲われて死亡した。テディは裏庭の囲いを飛び越えて自宅1階に侵入し、新生児用のかご型ベッドの中に寝ていたイーロン君を襲ったのだった。イーロン君はすぐに地元の病院に搬送されたが、間もなく息を引き取った。

この事故でイーロン君の母親アビゲイル(Abigail)と父親のスティーブン・ジョインズ(Stephen Joynes、35)が重大な過失による「重過失致死罪」で逮捕されたが、保釈金を払って釈放されている。

『Mirror』によると、事故当時のアビゲイルは2階のトイレに、スティーブンはアビゲイルの3人の連れ子と一緒に庭にいたという。テディは裏庭に作られた大きな犬小屋で飼われていたが、事故当時は囲いの中に放たれていたようだ。


イーロン君の叔父は「テディはこれまで一度も人を襲ったことはなく、家族はテディを可愛がりよく抱きしめていました。テディがイーロンを襲ったのは一瞬のことでしたが、警察は第2の犠牲者が出るのを恐れ安楽死させました」と涙ながらに語り、こう明かした。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月18日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。