このほどミシェル・オバマ元大統領夫人が司会を務めるポッドキャスト番組の最終回が放送された。自身の母マリアンさんと兄クレイグさんをゲストに招いて行われた最終回では、クレイグさんの実体験を絡めながら人種的偏見に基づく“レイシャル・プロファイリング”などについてのトークが展開された。

アフリカ系アメリカ人として初のファーストレディとなったミシェル・オバマ元大統領夫人(56)は、ホワイトハウスを去ってからも執筆や講演、映像制作、チャリティー活動など様々な分野で活躍し、今も変わらぬ人気を誇っている。7月末に始まったポッドキャスト番組『The Michelle Obama Podcast』では自ら進行役を務め、第44代大統領を務めた夫バラク・オバマ氏をはじめ様々な著名ゲストを招き、人間関係や結婚、パンデミックなど多岐にわたるトピックでトークを繰り広げてきた。

好評を博した同番組は米時間16日に『Family Ties: On Raising Kids with Craig & Marian Robinson』(家族の絆:クレイグ&マリアン・ロビンソンと子育てを語る)と題した最終回を放送、アメリカで黒人の子供を育てることの現実や“Black Lives Matter”ムーブメントについて、また幼少期に体験した人種差別などについて母マリアンさんや兄クレイグさんとともにトークした。

ミシェル夫人と兄のクレイグ・ロビンソンさん(58)は、基本的人権と人種差別撤廃を求める公民権運動の名残が色濃く残る1960年代初頭にイリノイ州シカゴで生まれた。黒人に対するステレオタイプやあからさまな人種差別が日常茶飯事だった当時、クレイグさんは10歳頃に自身の身に起こった悲しい体験を明かした。