市川猿之助「『半沢直樹』で使えたのに」バナナマン設楽が提案したネタに興味津々

TBS系日曜劇場『半沢直樹』で主人公・半沢直樹(堺雅人)と敵対する伊佐山部長を演じた俳優で歌舞伎役者の市川猿之助が、9月22日放送のトークバラエティ番組『バナナサンド』ゴールデン3時間SPにゲスト出演した。MCの設楽統バナナマン)が「歌舞伎に応用できるかも」と提案してネタを披露したところ、猿之助は「面白い」と興味を持っていた。

バナナマンの設楽統が提案したのは「3回目普通」という道具を用いたネタである。設楽が大きなスケッチブックを使って相方・日村勇紀の顔を隠し、ドラムロールの効果音「ダラララジャン!」とともにテンポよくスケッチブックを外して日村の顔を出したら1回目は変顔、2回目も変顔、3回目は真顔になっているというもので、共演者が全員大ウケだった。

ゲストの歌舞伎役者・松本幸四郎が「普通が面白いんだ」と自らチャレンジしたところ爆笑に包まれ、サンドウィッチマンなどは「1発目の変顔から面白い」「そんなの持ってるんだ」と幸四郎のポテンシャルに驚いていた。

さらに幸四郎は「歌舞伎の見得でも最後のキメで真顔にしたらどうだろう」と試しに見得を切ってみた。やはり笑いは起きたが、設楽は提案した手前「それで使っちゃうんですか! 一番キメるところでやっちゃっていいんですか?」と心配したところ、幸四郎も「そういうのはないですね。最後にぐっと息を止めて力むのが見得で、力を抜く見得は400年見たことないですね」という。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「市川猿之助」に関する記事

「市川猿之助」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「市川猿之助」の記事

次に読みたい「市川猿之助」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク