英ユージェニー王女が第1子を妊娠 出産は来年初旬の予定

英ユージェニー王女が第1子を妊娠 出産は来年初旬の予定
第1子妊娠が発表されたユージェニー王女と夫ジャック・ブルックスバンク氏(画像は『The Royal Family 2020年9月25日付Instagram「Her Royal Highness Princess Eugenie and Mr Jack Brooksbank are very pleased to announce that they are expecting a baby in early 2021.」』のスクリーンショット)
       
英バッキンガム宮殿の公式SNSは、エリザベス女王とフィリップ王配の孫ユージェニー王女(30)が夫ジャック・ブルックスバンク氏(34)との第1子を懐妊したことを発表した。王女の出産予定日は2021年初旬だという。ユージェニー王女とブルックスバンク氏は2018年10月に結婚、生まれてくる子供は王女の父アンドルー王子と元妻セーラさんにとって初孫となる。

現地時間25日午前、バッキンガム宮殿が公式SNSを更新し、ユージェニー王女が夫で実業家のジャック・ブルックスバンク氏との第1子を妊娠中であると発表した。

「ユージェニー妃殿下とジャック・ブルックスバンク氏は、2021年初旬に赤ちゃんを出産予定であることを喜びとともに報告します。ヨーク公爵と公爵夫人のセーラ、ジョージ・ブルックスバンク夫妻、女王とエジンバラ公爵はこの知らせを大変喜んでいます。」

ユージェニー王女は、エリザベス女王フィリップ王配の次男アンドルー王子と元妻セーラ・ファーガソンさんの次女である。王女の王位継承順位は10位であるため、誕生した子供は11位となる。現在11位であるエリザベス女王の三男、エドワード王子は12位に降格する。

ユージェニー王女の母セーラさんは、自身のTwitterを更新し「ユージェニーとジャックの間に第1子が授かったという知らせを聞いて、大変喜んでいます。2人のことが嬉しくてたまらない。それに60歳で祖母になることを待ちきれません。ヨーク家に新生児を迎えることは、深い喜びの瞬間となるでしょう」と綴った。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月26日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。