故エルヴィス・プレスリーの娘リサ・マリー・プレスリーが、米時間21日にInstagramを更新した。この日は7月に亡くなった最愛の息子ベンジャミンさんの誕生日で、存命であれば28歳の誕生日を迎えるはずだった。

7月にカリフォルニア州カラバサスの自宅バスルームでショットガンをくわえ、自らの命を絶ったベンジャミン・キーオさん(享年27)。故エルヴィス・プレスリーの一人娘リサ・マリー・プレスリーを母に、ミュージシャンのダニー・キーオを父に持つベンジャミンさんは長年アルコールや薬物依存に苦しみ、リハビリ施設に通っていた。またパンデミックの影響で鬱症状がさらに深刻化していたことや、“故エルヴィス・プレスリーの孫”という自身の境遇から来る重圧に苦しんでいたことなどが、関係者や親しい友人らの証言で明らかになっていた。

最愛の息子をなくしたリサ・マリーの様子は当初、「深い悲しみに打ちひしがれている」「11歳の双子の娘達や(ベンジャミンさんの実姉)ライリーのためにも強くあろうと闘っている」と代理人を通じて伝えらえていたが、今月21日に更新された彼女のInstagramからは深い悲しみのどん底にいる様子が痛いほど伝わってくる。

「私の美しい、美しい天使。私はあなたの歩んだこの大地、この地球、そしてあなたのいる天国を心から敬愛します。私の心と魂もあなたに寄り添っているから。あなたのいない毎日の一瞬一瞬に、私は深い心の痛みで息を詰まらせ、底知れぬ闇のなかをさまよっています。もう以前と同じ私ではいられません。」