筋肉増強のためインスリンを摂取していたボディビルダー 昏睡状態に陥り3年間、要介護状態に(UAE)

       
南アフリカ出身の父ネヴィルさん(Neville、55)によると、トリスタンさんは現在、笑ったり「イエス」や「ノー」と答えることができるようになり、下半身に少しだけ力が入るようになったそうだ。それでも空腸に直接チューブを挿入して栄養剤を投与しており、自分でトイレに行くこともできないため自立するのはまだ先のようだ。


ネヴィルさんは「リハビリ施設のスタッフはとてもよくやってくれている。でもリハビリは一日1時間しか行わないんだ。だからトリスタンは看護師と少しばかりやり取りをした後は、一日のほとんどをベッドの上で過ごしているんだ。もちろん妻は日中は病院で過ごしているし、私も毎日息子に会いに行くけど、ここ数か月はコロナ禍で面会も禁止されてね。最近になってやっと規制が緩くなったんだ」と溜め息をつく。

さらにネヴィルさんを悩ませているのが、高額な治療費だ。保険会社がリハビリ代の支払いを拒否しているため、トリスタンさんの治療費は1か月で約111万円(3万9千UAEディルハム)にもなる。ネヴィルさんは高額な治療費を捻出できず、約3年前からクラウドファンディングサイトを開設して寄付を募っているが、今年1月には車のディーラーの職を失い途方に暮れているという。


ネヴィルさんは「実は3年前、息子がインスリンを摂取していることを知らなかった。医師に処方されたわけでもなく、ジムが勝手にインスリンを与えていたなんて寝耳に水だったよ。インスリンが危険であることはもちろんだけど、子供が何をしているのか、しっかり把握していなかったことを今でも後悔しているよ」と語ると、こう続けた。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月25日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。