「お金に興味はない」可愛すぎる2匹の銀行強盗 その見事な侵入経路に「まるで映画みたい」(米)

「お金に興味はない」可愛すぎる2匹の銀行強盗 その見事な侵入経路に「まるで映画みたい」(米)
堂々と侵入した2匹(画像は『The Guardian 2020年10月22日付「Hand over the trash: raccoons break into California bank」(Photograph: Peninsula Humane Society & SPCA(PHS/SPCA))』のスクリーンショット)
       
今月20日、米カリフォルニア州レッドウッド・シティの銀行に強盗が押し入っているとの情報が入った。強盗犯の人目もはばからぬ大胆な行動とまるで映画のような侵入方法、そして意外な正体が話題になっている。『ABC7 New York』『The Guardian』などが伝えた。

20日の朝、開店前の銀行で男性が出金しようと外付けのATMを利用していたところ、銀行内に2匹のアライグマの姿を見つけた。

最初は「机の上に飾られたぬいぐるみだろう」と思ったそうだが、それらが動いていることから男性は生きたアライグマだと気付いたという。

男性からの通報を受けたペニンシュラ動物愛護協会&動物虐待防止協会(以下、PHS/SPCA)はすぐに銀行に向かい、アライグマが安全に店内から出ていくよう救出を試みた。

PHS/SPCAのコミュニケーションマネージャーを務めるバフィー・マーティン・ターボックスさん(Buffy Martin Tarbox)は、その時のアライグマたちの様子をこのように話している。

「我々のもとに銀行破りの連絡がくることなんて滅多にありませんが、今回の盗人は野生動物だっていうんでね。我らが出ていくのが適切だと思いました。」

「銀行のマネージャーが我々救出チームを中にいれてくれました。10分ほど彼らを追いかけた末、ようやく追い払うことができましたよ。」

「どうやら2匹は銀行がお気に召したみたいで、なかなか出て行ってくれませんでした。2匹は怪我もなく無事ですよ。」

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月26日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。