映画『鬼滅の刃』で「数か月寂しかった」映画館のロビーに客が溢れる 宮根誠司や小林麻耶、石田ニコルも「動く煉獄さん見なければ」と足運ぶ

映画『鬼滅の刃』で「数か月寂しかった」映画館のロビーに客が溢れる 宮根誠司や小林麻耶、石田ニコルも「動く煉獄さん見なければ」と足運ぶ
『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』第3弾キービジュアル(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
       
『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(10月16日公開)が公開から10日間で動員数およそ798万3400人以上、興行収入100億円を超えるほどの大ヒットを記録中だ。初日は都内のTOHOシネマズ新宿が全12スクリーン中11スクリーンで本作を上映して話題になったほどだ。宮根誠司椿鬼奴ら多くの芸能人が鑑賞した感想を語っているが、映画『東京喰種 トーキョーグール』(2017年公開)を手掛けた脚本家・楠野一郎さんは映画館で『鬼滅の刃』効果を実感したという。

萩本欽一関根勤小堺一機などと同じ芸能事務所・浅井企画所属の楠野一郎さんは『東京喰種』の他に映画『天空の蜂』(2015年公開)やドラマなど数々の作品で脚本を手掛けており、2021年公開が決まった吉田大八監督、大泉洋主演による映画『騙し絵の牙』では吉田監督と共に脚本を担当した。さらに女優・水野美紀が主宰する演劇ユニット「プロペラ犬」座付き作家を務め、ラジオ番組の放送作家としても知られる。

その楠野さんが16日、映画『スパイの妻 劇場版』(10月16日公開)を新宿ピカデリーに観に行ったという。折しも『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の公開日と重なり、映画館は「『鬼滅の刃』効果で平日昼と思えぬほどロビーがお客さんで賑わっていた」そうだ。

Twitterでそのことをつぶやいた楠野さんは、「しかも皆これから見る映画への期待に溢れた空気。感染対策まだ気をつけなきゃと思いつつも、数か月本当に寂しいロビーばかり目の当たりにしてきたので勝手にちょっとグッと来ました」と感慨深げだった。

あわせて読みたい

宮根誠司のプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「宮根誠司 + 川田裕美」のおすすめ記事

「宮根誠司 + 川田裕美」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「上沼恵美子」のニュース

次に読みたい関連記事「上沼恵美子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「高島彩」のニュース

次に読みたい関連記事「高島彩」のニュースをもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月27日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 宮根誠司 川田裕美

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。