許されざる怠慢と医療事故 誤って心臓にカテーテルを突き刺し乳児が死亡(英)

許されざる怠慢と医療事故 誤って心臓にカテーテルを突き刺し乳児が死亡(英)
病院側の過失で我が子を亡くした母親(画像は『Metro 2020年10月25日付「Baby died after feeding tube pierced his heart when it was inserted incorrectly」(Pictures: MEN Media)』のスクリーンショット)
イギリスで昨年1月、生後5か月の乳児が医療ミスにより死亡するという事故が起きた。その死因について今月に行われた審問で、病院側が栄養を補給するためのカテーテルを誤って乳児の心臓に突き刺していたことが明らかになった。『Metro』『Manchester Evening News』などが伝えている。

昨年1月、英マンチェスターにあるロイヤル・マンチェスター・チルドレンズ病院で生後5か月のノア・ジェシー・マクグラス君(Noah Jesse McGrath)が心停止に陥った後、脳に損傷を受けて亡くなった。

今月19日に同病院に対する審問が行われ、ノア君が死亡した原因について病院側が「末梢穿刺中心静脈カテーテル(PICC)」をノア君に挿入した際、心臓にカテーテルを突き刺してしまったことにあると決定づけられた。

ノア君は2018年7月25日、腹部に穴が空いた胃壁破裂の状態で生まれた。しかし出生後、すぐに手術を行ったことから順調に回復していった。身体が弱かったノア君は度々病院に通っていたが、このまま何事もなく成長していくかと思われた。

しかしノア君が生後5か月を迎えた2018年12月のこと、体調がすぐれないノア君を心配した母親ヴィクトリア・ジョンストン・ミリンさん(Victoria Johnston-Millin)が息子を連れてロイヤル・マンチェスター・チルドレンズ病院を訪れた。

医師は、ノア君に脱水症状による体重減少が見られたため末梢穿刺中心静脈カテーテル(PICC)で胸部にある上大静脈に栄養を直接投与することにした。PICCを挿入してから5日後の2019年1月2日午前1時45分頃、病院で付き添っていたヴィクトリアさんはノア君の異変に気づいて目を覚ました。この時ヴィクトリアさんは、心配のあまり泣きながら病院のスタッフへ助けを求めた。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月29日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。