少女らの墓を掘り29遺体をミイラ化した男 事件から9年後の裁判で「謝罪はしない」「子供たちの英語教師になりたい」(露)

少女らの墓を掘り29遺体をミイラ化した男 事件から9年後の裁判で「謝罪はしない」「子供たちの英語教師になりたい」(露)
墓地を掘り起こして逮捕された男(画像は『The Sun 2020年11月2日付「DOLLS OF DEATH Twisted grave robber who stole corpses of 29 girls and dressed them up like dolls refuses to apologise to their parents」(Credit: East2west News)』のスクリーンショット)
       
2011年11月、ロシア西部ニジニ・ノヴゴロド在住のアナトリー・モスクヴィン(Anatoly Moskvin、53)が、墓地から29体の遺体を盗んだ疑いで逮捕された。アナトリーはその後、精神科病棟に収容されて定期的に医師の精神鑑定を受けてきたが、これまで自由の身になることはなかった。事件から9年の時を経て先月末に行われたアナトリーの裁判の様子を『Al Bawaba News』『The Sun』などが伝えている。

アナトリー・モスクヴィン(53)は今から9年前、3歳から12歳までの女児29体の遺体を墓地から掘り起こし逮捕された。アナトリーは先月「高齢になった両親のケアがしたい。ガールフレンドと一緒に暮らしたい」と精神科病棟からの退院を求めていたが、裁判所は「退院は認めない。さらに6か月の入院が必要である」と言い渡した。

言語学者、歴史家、そして墓地の研究家としても知られていたアナトリーは2011年、墓地を掘り起こして女児の遺体を盗み、ミイラ化させる処理を施して自宅で保管していた。アナトリーは29体をまるで人形のように扱い、服を着せ、顔を描き、ストッキングや靴を履かせ、胸部にオルゴールを埋めるなどの細工を施した。当時アナトリーと同居していた両親は、きれいに処理された大きな女児のミイラ体が人形のように自宅に多数放置されていながらも息子の犯罪には全く気付いていなかった。


アナトリーは44の墓を掘り起こした件を認めているが、実際の被害数は100件以上に及ぶと言われており、自分が気に入った遺体だけを自宅で保管していたようだ。ただ性的動機は全くなく、一つ一つの遺体の誕生日を書き出して祝ったり、コミュニケーションを取っていたという。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月4日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。