妻に子守を頼まれた夫、ゲームに夢中で“息子”が人形だと気付くまで20分かかる(米)<動画あり>

妻に子守を頼まれた夫、ゲームに夢中で“息子”が人形だと気付くまで20分かかる(米)<動画あり>
息子だと思って抱いていたのが人形で驚く夫(画像は『Kristy Scott 2020年10月13日付Instagram「I ordered a mixed baby and they sent me a white baby」』のスクリーンショット)
       
アメリカで妻が夫に仕掛けた“いたずら動画”が人気となっている。幼い息子の子守を頼まれた夫だが、妻から渡されたのは息子と同じ大きさほどの赤ちゃんの人形だった。しかしゲームに夢中の夫は人形を息子だと思い込んだまま抱きながらゲームを続けていた。『Mirror』『Romper』などが伝えた。

米テキサス州在住のクリスティ・スコットさん(Kristy Scott)が10月13日、Instagramに投稿した夫のデスモンドさん(Desmond)に仕掛けた“いたずら動画”が注目を集めている。

クリスティさんとデスモンドさんには幼い2人の息子がいるが、毎日育児に奔走しているクリスティさんはゲームに夢中の夫に「ドッキリ」を仕掛けることにしたようだ。

クリスティさんは生後11か月のウェスティン君(Westin)の子守をデスモンドさんに頼むことにした。この時クリスティさんはあらかじめ購入していたウェスティン君と同じ大きさの赤ちゃんの人形をウェスティン君と同じ服を着せ、毛布に包んでデスモンドさんに手渡した。

デスモンドさんはゲームのモニターに目が釘付けとなっているため、人形をウェスティン君だと信じ込んで、膝に乗せたままゲームを続けた。

そして20分ほど経過したところで、クリスティさんがデスモンドさんに「私たちの息子は元気かしら?」と声をかけた。ゲームに夢中の彼は素っ気なく「うん」とだけ答えてゲームを続けている。

そんなデスモンドさんに、クリスティさんはさらに「ほら、あなたの息子を見てちょうだい」と声をかけた。ここでデスモンドはようやく抱いていたのがウェスティン君ではなく人形だということに気づいて、ギョッとした表情をした。その直後、彼は驚きのあまり叫びにも似た声を発して笑い出してしまった。


笑いが止まらなくなったデスモンドさんは、ゲームどころではなくなってしまったようだ。この動画は63万回以上も視聴され、多くの人に笑いをもたらした。そして次のような声が寄せられた。

「この動画には笑いすぎて私の肺が追いつかないわ。」
「デスモンドの窒息しそうな笑い声がまたウケる。」
「面白いけど、これは(ゲームに夢中すぎて)問題でしょ!」

実はクリスティさんとデスモンドさんは度々お互いにドッキリを仕掛けているようだ。また彼らは主に結婚や夫婦愛をテーマにした映像制作を本職としており、Instagramにはドッキリ映像以外にも2人の夫婦愛が伝わってくる映像と写真が投稿されている。

現在、クリスティさんのInstagramには56万人以上のフォロワーがおり、多くの人が彼女の投稿を毎回心待ちにしているようだ。



画像は『Kristy Scott 2020年10月13日付Instagram「I ordered a mixed baby and they sent me a white baby」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月8日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。