三代目JSBが10周年に“一番の失敗”を告白「時効じゃない?」 10年間のベストショットも選出

7人組ダンス&ヴォーカルグループ「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」が2010年11月10日のデビューから今年で10周年を迎えた。ランニングマンのダンスでお馴染みの『R.Y.U.S.E.I.』では、MVがYouTubeで再生回数1億5千万回を超え、ダウンロード数は100万を達成、またライブ年間動員数では148万人(2017年時点)で1位を記録するなど活躍してきた7人。しかしこの10年間を振り返って、メンバー全員“ある失敗”が忘れられないという。

デビュー10周年となる記念日当日は早朝5時50分から日本テレビ系情報番組『ZIP!』に7人全員が生出演。通常は山下健二郎が火曜パーソナリティーとして出演しているが、この日はそれに他のメンバーが合流した形となった。岩田剛典がお天気コーナーを、以前からニュースを読んでみたいと希望していたELLYが動物を取り上げた“ほのぼのニュース”を読むなどメンバーがそれぞれコーナーを担当して、 スペシャルメドレーではデビュー曲から始まり、今回初披露となる新曲『RISING SOUL』もパフォーマンスした。


そして夜には無観客配信ライブ『LIVE×ONLINE INFINITY 三代目 J SOUL BROTHERS 10th ANNIVERSARY ~JSB HISTORY~』を開催。デビュー曲『Best Friend’s Girl』でライブはスタート。中盤『BURNING UP』では、GENERATIONS from EXILE TRIBEがサプライズで登場し、ともにパフォーマンスして視聴者を沸かせた。さらにライブタイトルにある「JSB HISTORY」にふさわしく、
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク