64キロの巨大深海魚を釣り上げた漁師「人生で一度きりの遭遇」に大興奮(米)

64キロの巨大深海魚を釣り上げた漁師「人生で一度きりの遭遇」に大興奮(米)
巨大深海魚と記念写真を撮る漁師のマイケルさん(画像は『Michael MacTaggart 2020年11月11日付Instagram「Pending 143lb Opah Virginia State record I hand cranked offshore of VA at Norfolk Canyon on the “Relentless”.」』のスクリーンショット)
       
アメリカのある沖合で漁をしていた地元の漁師たちが、滅多に見かけない巨大深海魚を釣り上げた。毎日漁に出ている人でも「生涯で一度遭遇できるかできないか」と言われるほどの貴重な魚に、釣り上げた本人たちは「夢みたいだ」と大喜びしている。『WGHP FOX8』『WAVY.com』などが伝えた。

米バージニア州ハンプトン・ローズのバージニア・ビーチで今月5日、漁をしていたジョン・ウェザリントンさん(Jon Wetherington)、マイケル・マック・タガートさん(Michael MacTaggart)、ニック・ケンプさん(Nick Kemp)の3人が、“オパ(opah)”と呼ばれる巨大な深海魚を釣り上げた。

3人はバージニア・ビーチから80マイル(約128キロ)離れたノーフォーク・キャニオン近くでメカジキを狙って漁をしていたが、この日はアタリが悪く切り上げようとしていたところ、釣り糸が引いているのを感じたという。急いで巻き上げると徐々に魚の姿が見え、そこには赤く巨大な魚がいた。

ジョンさんは当時のことを「2人が『オパだ!』と叫び出したので、正直『何を言っているんだこいつら?』と思ってしまいました。でも船に引き上げると、2人の予想が当たったことが分かったんです」と振り返っており、にわかには信じられなかったようだ。


アメリカ海洋大気庁「NOAA」は「オパはムーンフィッシュとも呼ばれます。あまり研究が行われていないため推測になりますが、一般的には米西海岸やハワイなどの太平洋諸島付近の熱帯の深海に生息していると言われています」と説明しており、毎日漁に出ている人でも遭遇する確率は低い貴重な魚だという。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月15日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。