ホアキン・フェニックス主演の『ジョーカー』は「精神的な病を利用した金儲け」か 有名監督が示唆

ホアキン・フェニックス主演の『ジョーカー』は「精神的な病を利用した金儲け」か 有名監督が示唆
映画『ジョーカー』主人公のキャラクター設定に問題か(画像は『Todd Phillips 2019年11月25日付Instagram「Some more random BTS pics.」』のスクリーンショット)
       
映画『セブン』『ファイト・クラブ』などで知られる映画監督デヴィッド・フィンチャー(58)が、映画『ジョーカー』は「精神的な病を抱える人に対しての裏切り」だと暗にほのめかした。フィンチャー監督は、ハリウッドの大手スタジオのリスク回避的な制作戦略について明かすとともに、トッド・フィリップス監督作品の『ジョーカー』が興行収入で驚くほどの成功を収めたことを振り返った。

2019年に公開した米映画『ジョーカー』は、DCコミック『バットマン』の人気ヴィラン(悪役)ジョーカーの人生を描いた作品だ。トッド・フィリップス監督による同映画は大ヒットし、第92回アカデミー賞では同年最多となる11部門にノミネートされた。ジョーカーを演じたホアキン・フェニックス(46)は、アカデミー賞やゴールデン・グローブ賞、英国アカデミー賞などで最優秀主演男優賞を受賞した。


7000万ドル(約73億円)以下の予算で制作された『ジョーカー』は、10億ドル(約1040億円)の興行収入を記録。評論家から多くの高評価を得たものの、精神疾患を取り扱ったことについては賛否両論だった。

映画『セブン』などを世に送り出したデヴィッド・フィンチャー監督は、このほど『The Telegraph』のインタビューに応じ「スタジオは、10億ドルを稼ぎ出せない作品は制作したくないんだ」と明かすも、時には挑戦的な題材がサポートを得ることはあるとし、『ジョーカー』は『ダークナイト』の例があったからこそ制作にこぎつけることができたと示唆した。
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「アカデミー賞」に関する記事

「アカデミー賞」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「アカデミー賞」の記事

次に読みたい「アカデミー賞」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月18日の海外セレブ記事

キーワード一覧

  1. アカデミー賞 日本

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。