今月17日に回顧録が発売されたバラク・オバマ前大統領が19日、米人気トーク番組に出演した。番組では同著の内容に触れながらホワイトハウス時代を振り返ったオバマ氏だが、実は次女サーシャさんに頭が上がらないこと、一家は“丸顔族”と“面長族”の2つに分かれていることなど家族のユニークな関係をうかがわせるエピソードを披露し、視聴者の笑いを誘った。

米時間19日、バラク・オバマ前大統領が人気トーク番組『Jimmy Kimmel Live』に出演した。17日に回顧録『A PROMISED LAND』(約束の地)Vol.1が発売されたばかりのオバマ氏は、そのプロモーションのため同番組にリモート出演したのだが、トークでは次女のサーシャさん(19)に頭が上がらないこと、一家は2つの“部族”に分かれていることなど家族間の力関係をうかがわせる面白エピソードを披露した。

国民にホワイトハウスへの復帰を懇願されるたびに「(そんなことをしたら)ミシェルに別れられてしまう」とその可能性を否定してきたオバマ氏は、普段からやり手の妻に頭が上がらない様子。しかし番組では司会のジミー・キンメルから、

「ミシェル夫人から聞いたのですが、サーシャさん(夫妻の次女)を怖がっているって本当ですか?」

との質問にも真顔で「本当です」と答え、恐妻家のオバマ氏が実は娘にも頭が上がらないことを暴露するのだった。その理由をオバマ氏はこう述べている。